« あのリッパなヒゲは | トップページ | 残暑猛暑 »

Tabbie、初オステオパット(Osteopathe)で整体と鍼

Osteopatheとは、日本で言う整体とか整骨のこと。
後ろ足がどうも調子悪いので、初めてやることに。
Tabbieのかかりつけ獣医のクリニックに定期的に来る、ということだったので。

というわけで、どきどきしながら初めてのオステオパット。
で、私がかかった人は獣医さんで、元々は手術ばかりしてたそうだ。
そして、オステオパシー(整体整骨)やキネテラピー(理学療法)、そして鍼治療も学んで、今はそっちばかりやっているそうだ。
何件かの獣医クリニックに通っている、とのこと。
(引手数多なんだろうな)

前回かかりつけ医が撮ったレントゲンを受け取っていて、それを見せて、「ココがずれている」というところを説明してもらった。
一見普通に見えるが、少し外に出てしまっていて、小型犬にはよくあること、なのだそうだ。
(うーむ、つまり元々ちょっと歪んでたのかな)

というわけで、診察台に乗せて、私が頭をなでなでし、背中から後ろを中心に全身診てもらう。
・・・わけだが、もちろん犬は何をされるか全く理解してないので、触られるのがとっても怖かったらしく、ガタガタと震え出す。
緊張でガチガチになってる足腰を見るのは大変だろう。
整体は横になって片側づつやっていくので、嫌がるTabbieを横にして、私が片手と頭を撫で押さえ。
力を入れすぎてもダメだし、ちょっと気を抜くと、すり抜けて立とうとするので、けっこう大変だった。
・・・リラックスして、と言っても、するわけないわな。
怖いので盛大に震えているTabbie、気分はたぶん大嫌いなペットサロンなのだろう。
半分終わって、反対側にひっくり返して、そうこうする内、少しずつ落ち着いてきたTabbie。
ペットサロンと違って大丈夫だとわかったのか。
背中の尻尾に近い辺りも板のように凝っていたのも、柔らかくしてもらった。
それから、普通に立った状態で鍼。
ちゃんと使い捨ての非常に小さい専用の針(人間だと赤ちゃん用?)をプスプス。
普通に立たせてもらってるせいか、これは全く平気なTabbie。
5分間じっとして、というわけで、私が診察台の横でTabbieを軽く押さえている間、先生は診断書をタイプ。
バッチリ診断書ー何をしてかも含めてー、後でメールで送ってもらった。
ちゃんと診てもらったなあと実感。

整体とか鍼とかやった後は、いきなり元気いっぱい動き回る場合と、疲れがドッと出て一日中寝倒す場合と両方ある、とのこと。

アドバイスとして、尻尾の付け根あたりから、背中の前の方に軽くマッサージ、それと、スフィンクスポーズ(数秒)がいいそうだ。
スフィンクスポーズって言い方かっこいいなあ。
いわゆる「伏せ」なんだけど。

「患者(動物)はどんなのが多いのか?」
「犬が一番多くて、次は猫。馬もできるけど、そちらは専門の人がたくさんいるので、私はやらない」
「犬猫以外にも?」
「ウサギやモルモットも診る事はある」

・・・モルモットの整体;
あの丸っこいのをどう整体するんだろうか。


全部終わって、Tabbieはるんるん外に。
なんとなく歩き方が前よりスムーズになったような。
帰ってきたら、バタンキュー。
夜の散歩はイヤイヤ。

明日の朝には完全復活してるんだろう。
どうなるか楽しみ。

« あのリッパなヒゲは | トップページ | 残暑猛暑 »

パリの日々」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あのリッパなヒゲは | トップページ | 残暑猛暑 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • Maps

Exchange Rate

無料ブログはココログ