« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月

MacのソフトをSonomaに

このところあれこれアップデート中。
MacもSonomaに。
特に問題なく動く。
何が変わったのかはまだよくわかっていない。

秋になって野外展示が(も)あちこちで色々。
写真はパレロワイヤル。
ガラスの塔。
解説によると2トンもあるそうだ。

・・・地震ない国だからいいけど、日本だと設置場所すごく選びそう。
キラキラときれいなので、ぜひ訪れてみてください。
コクトーとコレットの展示もやっている。
(こちらは建物内なので、犬連れはムリっぽい)

Palaisroyal2_20230928194001

最近Amazon使って感動したこと

Amazonでちょっとしたものを購入。

プライム会員ではないので、数日かかって到着する、予定が、あっという間に発送通知。
なんと、2日後に到着。
その速さだけでもすごい。
しかも日曜日に配達されるというフランスとは思えないすごさ。
到着予告もしっかり入るので、アパートで待っていることに。
が、電話がかかってきたのを取りそびれ、5分くらいしてから気がついて掛け直した。
そしたらなんと、15分くらいでそっちに行けるから、と、届けてくれた。
実に感動した。

最近はAmazonの宅配はエコ志向で、自転車に荷物乗っけてこぎこぎやってくるのだ。
パリならではの、配達方法だ。
若い兄ちゃんのアルバイト。
身体を鍛えるのも兼ねて、くらいの気持ちがないととてもできなさそう。
一度、連絡取れないと去ってしまった後で、また届け直してくれるとは〜。

こんなすごいこともあるんだ。
Amazonに感謝のメールを送りたいくらいの気持ちだった。

なにしろ普通の郵便局の郵便は、ほとんどイヤイヤ運んでる感じの人が多い(公務員体質)。
荷物の扱いも雑で入れてある箱が壊れていたり、適当に近くの郵便受けに入れたり、ひどい時は不在通知を片っ端から入れて行ったりと、怒涛の文句を言いたくなるようなことがあるのだ。

Amazonの配達員が皆あんなにいいとは限らないけど、本当にいい人に当たった。
ああいう人がいつも配達してくれるなら、もっとAmazonでものを頼んでもいいかもと思ってしまった。

調節の効かないエアコン

1週間で思いきり気温の変わるこの季節。
この間までの34度はどこへやら。

昨日は18度くらいまでしか行かなかった肌寒い土曜日。

職場のエアコンは全開で17度だった・・・。

空調は自分たちで調節できないので、着込むしか方法がない。

来週あたり風邪ひきさん多そう。

かく言う私も少し喉が痛いので、気をつけないと。

いいねと言われた

今日は朝から雨降り。
Tabbieは外に出ないが、こちらはそうも行かない。

こういう日のコートは、私の手持ちの中でも最も古いだろう、高校の時の制服のコート。
高校時代はあまり着なかったし、丈夫でボタンのヒモが悪くなったくらいで、いまだに着られる。
10代の頃の洋服(制服)なんだから、完全にモト以上は取っている。
買ったのは親だが。
この高校自身はまだ残っているが、もう完全に変わってるし。
(当時は東大や京大行く人もいたけど)


散歩で会った時に、「そのコートいいね、どこで買ったの?」と聞かれた。

確かに微妙に無いデザインで、紺は紺でもちょっと不思議な色合いなのだ。
時代もの、だからか。

日本で買った国産品だけど、高校の時のだよ、と言うと驚いていた。

この丈夫なコート、よく見ると、「テイジン®️ 素材使用」と書いてある。
おお、テイジンは立派にまだあるぞ。
商標登録されてるし。
古い会社なんだなあ。
当時は服の素材専門だったんだろうか?

自分のものなのに、ちょっと歴史を感じてしまった。

私の横で

セミナーのプレゼンの準備を必死でやってる私の横で、スースーと寝息を立てて寝てるTabbie。

とっとと終わらせて、私も寝よう。

雨が降って

雨が降って、これで暑さも終わり、かな。

そうしていつの間にか日照時間もどんどん短くなっていく。

この間アリアンスに行ったら、もうそろそろジビエの時期に突入、とのこと。

秋になるなあ

犬の爪切りと止血剤

犬の爪切りを見たことあるだろうか?
検索すると、獣医やらトリマーやらの動画がたくさん出てくる。
犬の爪は丸くて中に血管が通っている。
ちょっと間違えると血が出てくるのだ。
で、止血剤も買っておくと便利だと、宣伝料いくらもらってるんかいなと思うくらい、日本の動画では同じ製品ばかり出てくる。
ところが、この止血剤、見ない。
爪切りは売っていても、止血剤は売ってるところ見たことがない。

Tabbieの獣医が使っていた爪切りが割といい感じだったので、似たものを買いたいと言ってオーダー。
古いので同じものはもうないということだったので、似たやつ。

で、獣医についでに間違ってちょっと切った場合の止血剤は?と聞いてみた。

「普通の接着剤、または薬局に売ってる過酸化水素水(いわゆるオキシドール)をつければ良い」

接着剤??
スティックのりとかか?
うーむ。

オキシドールは一瞬で止まりそうだなあ。
薬局で買ってくるか。

とりあえず両方用意しておこう、念のため。

もちろん押さえる、という一番普通の方法もある。
(ネットでフランス語で検索すると、「落ち着け」「まず押さえて様子見ろ」と出てくる)

それにしても、ところ変われば変わるもんだな。
でも、獣医クリニックの製品を売りつけようとはしない姿勢は、好感が持てる。

追記:
調べていて思ったのだが、私の行ってるTabbieのかかりつけ獣医は男の人だ。
で、カミソリでヒゲを剃ると時折血が出るので、パッと止めたい時に使ってる、らしい。
よく調べるとスティックのりみたいなタイプの血止めも売ってはいるが、「スティックのりで代用」してるのでは・・・。
・・・そうか、男の人だとこういう裏ワザ使ってるんかも。

リップでも良さげな気もしてきたぞ。新品ひとつ、犬用にするかな。
リップなら舐めても大丈夫なので、より安心な気がする。

オステオパット

オステオパットとは、日本語だとたぶん整骨とか整体とか、になる。
キネジテラピーに加えてやっている人が多い。
キネの方は理学療法、かなあ?
マッサージや簡単なエクササイズもすることがある。

・・・犬のTabbieにやって非常に良好なので、自分もやりたくなった。
ので、オステオパット。

実は首から肩が大変こりこりで、鉄板のようなので、昔は時々行っていた。
紹介してもらった人がすごくよかったので。
が、忙しくなってきて、かつコロナが蔓延してからずっと行ってなかった。
前に行ったのは2018年。
・・・というわけで、久々にこりこりのオステオパット。
首が軽くなった。

うるさい犬に出会った

めちゃ暑い週末。

Tabbieとカフェ。

そしたら、いきなり犬に鋭い声で吠えかかられた。
ミニチュアダックスを釣れた人がちょうどいて、Tabbieにものすごい勢いで吠えたのだ。
Tabbieも驚いたが、私も驚いた。
Tabbieはびっくりしてその犬を眺め、私の横に隠れ気味に一緒に入る。

このミニチュアダックス、見た目キュートでかわいいのだが、飲み物持ってやってくる店員にも吠え、他に入ってくる客にも吠え。
Tabbieはそのたびに、耳をキュッと後ろの方にして怖がっているのが分かる。

ところが、飼い主は半分放置。
あまり続くと、「ちょっとうるさい」って言うだけ。
・・・飼い主、日本人。

いやあ、驚きだった。

しつけのないあんなうるさい犬を連れて店に入るのも驚きだったが、ほとんど怒らないのも驚きだった。
日本に行くとやたら犬がうるさく吠えてる気がするが、あんな犬多いんだろうか?
パリでああいううるさい犬を見るのは珍しい。

そりゃ飼い犬のいる家に初めて上がり込むと、誰かが侵入してきたと思うからだろう、犬は吠える。
でもそれは、その犬の家というテリトリーの中に、(犬にとって)知らない人が入り込んできたからだ。
これは吠えても誰も驚かない。
だけど、カフェの客として入って、他の人や店員に吠える犬って・・・;

うちの犬はやたら吠える犬だから、どこにも連れていけない、という飼い主は見たことある。
また、こうやってカフェに入った時に、他に来た犬に吠えるのは、今までに数回経験があル。
これがもれなく「英語しゃべっている飼い主」で、たまたまなのか、彼(彼女)の本国ではそういう犬が多いのか、とか思っていた。
それだって、かなり稀だし、すぐ飼い主が抑えて、外に連れ出したりしていたものだ。

・・・吠えても半分放置は初めて見た。
ちょっとびっくりな体験だった。

犬のオステオパット、その後

オステオパシーとか書くと、整骨と訳されて、整骨というとパキポキやる、というイメージだが、違う。
こちらのオステオパットはニンゲンの場合も、動物にも、パキッはまずやらない。
なので、整体に近いと思っている・・・とはいえ、マッサージとは違うし、触診で基本骨がズレてるところ、それで凝ってるところがないか診て、それをそーっと正す、みたいな感じ。
こんなに軽く触っただけで歪みが戻るのかと思うが、犬でもゆっくりと全体を上から下まで触って確かめてちょっとツボを押す、みたいな感じに見える。

ニンゲンの場合もほとんどはそれが多くて、軽く触っただけなのに・・・、みたいな感じ。

さて、あれからのTabbie。
実はただ今パリは猛暑で連日30度超え。
エアコンのないパリでは、ニンゲンも皆タレタレになっていて、夜になると汗だくでテラスで一杯飲んでる人多数。
アパートもひたすら暑い。夜、外が冷えても、石の壁が熱いままで、日の当たる我がアパートも夜になっても30度強モード。
屋根裏部屋なんかはもっと暑いだろうなあ。
こういう時だけは日の当たらないとこが羨ましい。

そんな中なので、犬ももれなくタレタレである。
(インコのAdeleは割と平気そうだけど、水はずっとたくさん飲んでいて、餌の消費が少ない)
うちの犬は水に濡れるのが嫌いなのでやらないが、周りではとにかく水があるところに突進しようとする犬がひたすら多い。
公園の児童スプリンクラーなども犬に人気だ。
Tabbieは当たるのも流れる水も避けるが・・・。

で、我が家の犬も、歩みが遅いのであれだが、前よりはシャキッとして見えるので、やはりズレは治ってるんだろう。
あと、前よりもへそ天寝が減った。
ニンゲンのように上を向いて寝る、ヘソ天寝。
実は腰が痛かったので、床で腰を下にした方が気持ちよかった、というのもあったのかもと思っている。

しかし、昨日も36度かで来週月曜まで続く予報。
火曜日には雨が降って下がる、ことになっているので、心待ちにしている。

黒いフライドチキン

近くに韓国料理屋さんが新しくできた。
最近、増えてる。

このお店、フライドチキンの足らしいマークがバッチリあった。
メニューの中に、フライドチキンがあって、いろいろな味付けのがある。
その中に一つ、黒いのがあった。

・・・というわけで、ちょっとテイクアウエイ。
手羽先と足のとこの小さめフライドチキン。
パリッとした黒の衣、ちょっとイカせんべいみたいな風味。
もしかしたら、イカ墨の黒なのか?
それにピンクのソースが付いて、そっちはオーロラソースみたいな味。
これ、けっこういいかも。
(後で確認したら、やはりイカ墨だった)

他にも韓国風お好み焼きも頼んだけど、なんか懐かしい味わいだった。
ちょっと油たっぷり目のお好み焼き。
おまけにキムチを数種類少しつけてくれる。
これが、韓国風?
久しぶりにキムチ食べた。
ここがパリだと思うとおまけは親切。

チゲみたいな煮物もあるし、割と良心的なパリ値段。
他にも牛丼みたいなのもあったし、これから時々使うつもり。

残暑猛暑

今週は暑い。

朝は早めに起きて散歩。
Tabbieの足取りが軽くなった。
ちょこっと走ったし。

これでもう少し涼しかったら、夜ももっと長く散歩するのだが。
暑すぎ・・・;

でも、来週には涼しくなるはずなので、後ちょっと。

Tabbie、初オステオパット(Osteopathe)で整体と鍼

Osteopatheとは、日本で言う整体とか整骨のこと。
後ろ足がどうも調子悪いので、初めてやることに。
Tabbieのかかりつけ獣医のクリニックに定期的に来る、ということだったので。

というわけで、どきどきしながら初めてのオステオパット。
で、私がかかった人は獣医さんで、元々は手術ばかりしてたそうだ。
そして、オステオパシー(整体整骨)やキネテラピー(理学療法)、そして鍼治療も学んで、今はそっちばかりやっているそうだ。
何件かの獣医クリニックに通っている、とのこと。
(引手数多なんだろうな)

前回かかりつけ医が撮ったレントゲンを受け取っていて、それを見せて、「ココがずれている」というところを説明してもらった。
一見普通に見えるが、少し外に出てしまっていて、小型犬にはよくあること、なのだそうだ。
(うーむ、つまり元々ちょっと歪んでたのかな)

というわけで、診察台に乗せて、私が頭をなでなでし、背中から後ろを中心に全身診てもらう。
・・・わけだが、もちろん犬は何をされるか全く理解してないので、触られるのがとっても怖かったらしく、ガタガタと震え出す。
緊張でガチガチになってる足腰を見るのは大変だろう。
整体は横になって片側づつやっていくので、嫌がるTabbieを横にして、私が片手と頭を撫で押さえ。
力を入れすぎてもダメだし、ちょっと気を抜くと、すり抜けて立とうとするので、けっこう大変だった。
・・・リラックスして、と言っても、するわけないわな。
怖いので盛大に震えているTabbie、気分はたぶん大嫌いなペットサロンなのだろう。
半分終わって、反対側にひっくり返して、そうこうする内、少しずつ落ち着いてきたTabbie。
ペットサロンと違って大丈夫だとわかったのか。
背中の尻尾に近い辺りも板のように凝っていたのも、柔らかくしてもらった。
それから、普通に立った状態で鍼。
ちゃんと使い捨ての非常に小さい専用の針(人間だと赤ちゃん用?)をプスプス。
普通に立たせてもらってるせいか、これは全く平気なTabbie。
5分間じっとして、というわけで、私が診察台の横でTabbieを軽く押さえている間、先生は診断書をタイプ。
バッチリ診断書ー何をしてかも含めてー、後でメールで送ってもらった。
ちゃんと診てもらったなあと実感。

整体とか鍼とかやった後は、いきなり元気いっぱい動き回る場合と、疲れがドッと出て一日中寝倒す場合と両方ある、とのこと。

アドバイスとして、尻尾の付け根あたりから、背中の前の方に軽くマッサージ、それと、スフィンクスポーズ(数秒)がいいそうだ。
スフィンクスポーズって言い方かっこいいなあ。
いわゆる「伏せ」なんだけど。

「患者(動物)はどんなのが多いのか?」
「犬が一番多くて、次は猫。馬もできるけど、そちらは専門の人がたくさんいるので、私はやらない」
「犬猫以外にも?」
「ウサギやモルモットも診る事はある」

・・・モルモットの整体;
あの丸っこいのをどう整体するんだろうか。


全部終わって、Tabbieはるんるん外に。
なんとなく歩き方が前よりスムーズになったような。
帰ってきたら、バタンキュー。
夜の散歩はイヤイヤ。

明日の朝には完全復活してるんだろう。
どうなるか楽しみ。

あのリッパなヒゲは

顔も含め、ボディソープは一つに絞った。
で、これでアタマを洗っても、頭皮には悪くない、というか、むしろいい。

けれど、髪はイマイチパサつく。

・・・一応シャンプーとボディソープを交互に使いつつ、髪にはトリートメント。

悩ましい ←まだ言ってる。

そんな中、ふとハリーポッターを見ていて思った。
あのリッパで長いヒゲは、シャンプーで洗ってるのか、それともボディソープなのか?
ヒゲのおじさん(おい)割と多いし。
でも、あの世界の人々、まともに風呂に入ってるのかどうか、よく分からないが。
魔法でケアなら、関係ないよなあ。

お肌や髪がケアできる魔法があったら、絶対学びたい。

・・・と、すでに何か違う方向に思考が向かっていく。

8月も終わり

アリアンスが再開したので、早速。
久々にとても美味しいものを食べた。

調理場の方のエアコンが壊れているそうで、みんな大変そう。

今回、トマトのお皿がとっても良かった。

来週はめちゃ暑くなる・・・9月に入って夏が終わると思いきや、残暑というか熱波が来るというか。

Alliance6_20230902084601

 

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • Maps

Exchange Rate

無料ブログはココログ