« 日本で買ってきたもの | トップページ | 桃とネクタリン »

日本で飲んだフランスワイン

日本でもワインを飲んだ。
白も赤も、フランスもそれ以外も。
父は飲めない人だが、うちにいる時はたまにおちょこグラス半杯くらい飲む。
少し甘い白ワインが好きだ。
"R" de Rieussec 2004 (R ド・リューセック)
なんてのが売っていたので、これをみんなで飲んでみたり。
これはソーテルヌという甘口ワインを作る作り手が作った、辛口の白。
辛口とはいえ、ふわっとはなやかほんのり甘い香りと奥に甘味が少し広がって、おいしい。
値段も2000円台。

母は赤ワインが好きなので、飲むのはどちらかというと赤が多い。
そして私はフランス以外イマイチわからないので、フランスに片寄りがち。

今回、日本のお店で飲んだおいしいワインは・・・。
Vinrouge4
ミネラル感が強くて、かちっとして澄んだ印象のワイン。
繊細だけど、アルコールはしっかりしていて、余韻が心地よい。
とてもおいしかった。



Vinrouge5
こちらはハーフボトル。
注ぐとき、液面がふわーっと上がってくるほどアルコールの強いワイン。
最初、硬すぎて濃厚で強すぎる感はあったけど、香りといい味わいといい、余韻の長さといい、めちゃくちゃおいしかった。
少し経つとまろやかになってきて、うっとり。
あまり多くないハーフだったので、「まあこれかな」と選んだだけだったけど、驚きのおいしさ。
もしボトルを見つけたら、ぜひ買いたい。
この店に何年後行ったら、ちょうど飲み頃だろうけれど、きっともうなくなってるだろうなあ。


さて、パリに火曜に戻って、水曜日に友だちと夕飯を食べに行き、赤のボルドーを少し飲んだ。
今日金曜日、暑いことも手伝って何か白を少し飲みたいと開けたのはCh de Fieuzalの白、2004年。
まろやかで濃厚な白。
余韻も長く心地よい。
軽く熟成した感じもよくて、冷やしすぎない方がおいしいと思う。
グラーブ地方の白というと、Haut Brionの白が一番好きで、他にPape clementの白もおいしいが、値段が問題。
でも、このフューザルは割とお手頃価格(28ユーロ)でおいしいなと思う。

« 日本で買ってきたもの | トップページ | 桃とネクタリン »

ニホン」カテゴリの記事

パリの日々ーワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本で飲んだフランスワイン:

« 日本で買ってきたもの | トップページ | 桃とネクタリン »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • Maps

Exchange Rate

無料ブログはココログ