オリンピック開会式用・・・

私の住んでいるところはあまりパリ2024のオリンピックの会場には近くないので、それほど問題はない。
メインになるのは西の方、コンコルドやアンヴァリッド、エッフェル塔近くはいろいろあるけど。
開会式も写真とかに予想図として載ってるのは、コンコルドに近いあたりだ。
でも、この開会式だけは西のオートリッシュ駅から出発してセーヌをずっと行くので、その時だけは引っ掛かる。
ノートルダムもその時はしっかり映るはずなので、セーヌ川に面した側はかなり綺麗になっている。
(とはいえノートルダムの修復は、まだ終わらないことが分かっている)

で、最近えんえんと工事してるここの橋、Pont de Sully、一応通るからか、上の青い部分は付け加えで、取り付ける工事をずっとやってる。
(作業してる人たちが写ってる)
でも、今のところ付いてるの、手前だけなんだけど。
この橋、サンルイ島を通って、南(左岸)と北(右岸)とを結んでいる。
開会式で通るのは南の側。
普段のセーヌ川での船の進行とは全く逆走するルートとなっている。
なので、そこだけデコ。

上空から撮ると変だと思うぞ・・・。

Pontsully

ちょっと日本っぽい名前の犬たち

ネットで見ていたら、ムカシはたくさん田舎にはいたと思っていた紀州犬がホントにちょっとしか日本にいないことが分かった。
かっこいいと思っていた土佐闘犬もほとんど絶滅の危機。
確かに今は小型犬ブームだからなあ。
日本の犬も消えていくのか・・・。
だいたい日本は犬に対する法律がひどすぎる。
自分の家の敷地内の庭でも犬はつなげって、ありえない。


パリには犬の名前に日本っぽい名前をつけてる人も時々、見かける。
というわけで、散歩で出会う犬たちで日本っぽい名前の犬たち。

Tabbieの友達の柴犬の名前は「Yoshi(ヨシ)」。
この名前、日本だったらまず付けない。
犬をしつけるのに、マテ、ヨシ、と合図に使うこと多いから。
名前呼ばれてるのか、なんなのか、犬にわからない。
基本の会話がフランス語だからこそ、「ヨシ」も名前でいけるのだと感心。
(向こうはそんなこと考えてないけど)
私がTabbieに「待て」「よし」と声をかけたりすると、この「ヨシ」も自分が呼ばれたと思ってやってくる。

「Uma(ウマ)」という名前のホイペット。
すらっとして走る姿はミニな馬みたいだからだろう。

「Tokyo(トウキョウ)」という名前のミニチュア・アメリカンシェパード。
(この犬、オーストラリアン・シェパードとそっくり。ちょっと小さい程度)
この犬の名を連呼して呼んでいると、不思議な感じがする。

真っ黒な犬だけど、なぜか「Yuki(ユキ)」という名前の犬。
こちらは飼い主にきちんと理由を聞いてないけど、もしかしたら「ユウキ」なのかも。
ユウキもアルファベットにするとYukiなので・・・。

他にも「Ana(アナ)」かと思ったら、H抜きフランス発音なだけの「Hana」とか。

そして「Sakura(サクラ)」。
これは割といる。
Mariage freres(マリアージュ・フレール)という知られたお茶屋さんのフレーバー・ティで有名だし、最近は花見という単語も知られてるし。

最近、少し変わった名前で「ネネット」という名前のポメラニアンに出会った。
その飼い主、小さい頃日本にいて、その時に近所にいたポメラニアンが「ネネット」だったそうだ。
なので、大人になったらポメラニアンを飼って名前を「ネネット」にしよう、と決めてたのだと。
日本語でもなく、なぜ「ネネット」なのかは分からない、けど、大切な日本の思い出だと話してくれた。
不思議な名前だなあ。
でも、いい名前。

 

オリンピック会場突貫工事中

昨日の夕方、やや雲行きが怪しいと思ったら、ものすごい落雷の轟音。
で、その後ザーッと来るのかと思ったら、ちょっと降っただけだった。
不思議な夕立だった。
雷どこに落ちたんだろう。
Adeleが首をすくめるような、すごい音だったけど。

よそのブログ(?)でも書いてあって「そうそう」と思ったが、犬との散歩に使っていた広い場所、InvalidesやChamps de Marsあたりがオリンピックの会場となるための工事で、散歩して楽しくない地域と化している。
あの辺りのんびり散策して、そしてカフェってすごくよかったのに。
春に入ってから範囲広げて工事してるので、思ったよりギリギリとも言えるけど。
開会式やるGare Austerlitzのあたりは去年からなんだか工事をやっていて、いまだにちっとも終わってない。

残るセーヌ川沿いは、多分その時だけ閉鎖されるだけだろうけど。
にしても、いくらオリンピックで閉鎖と言われても、犬の散歩は毎日だ。
閉鎖されてる間、どんな感じになるのかなあ。

一方、意外と突貫工事な会場。
アレで大丈夫なんだろうか?
特に観客席なんてハリボテって感じになるんじゃないか、と思うが。
まあ、地震とか考えなくていいから、いいのかな。

そして毎日メールで届くニセオリンピックのチケット。
ここらの詐欺も開催までは続く、と言ったところか。

花粉舞う

このところ、天気になると花粉が大量に舞っている。
私はアレルギーではないけれど、それでもなんか細かいチリかホコリを吸ってる感じがする。

いい季節だし、仕方ないことなんだけど。

fraise de bois (野生イチゴ)の季節

このイチゴはこの季節だけ。
しかも、いつもあるとは限らない。

今回は特に大盛りだった。
(盛りもその日によって違う・・・)

生クリームの下にアイスが埋まっている。

Fraisedebois

緊急警報

多分、パリにいる人はみんな受け取ったであろう、緊急警報。
すごい音だったので、驚いた人は多かったと思う。
消音にしてあってももちろん響いてたし。

何かテロとか重大事件とかあったのか?
「オリンピックの際には場所によって入るのに許可が入ります。その許可申請が今日から始まりました!」
・・・それだけ

全然緊急とちゃうやんか。
知らせてくれるのはいいことだが、フツーのメッセージでいいのでは。
(ちなみに普通のメッセージも入った)

一応案内にあった登録のサイト見てみたら、始まったと言っても申請できるのはごく一部始まっただけ。
この状態で緊急警報鳴らすなよ。

もしかして、試しか何かか?

日本にいると音は違えど地震の際は必ず鳴り響くので、ほぼみんな経験はあるだろう。
フランスにも緊急警報あるんだ!と私は思ったが、他の人には初めて受け取った人は多いのではなかろうか?
しかも内容がアレなので、キレてる人多いらしい。
内務省の管轄なので、しばらく内務大臣文句言われることであろう。

モード・狛犬

ルーブル美術館のピラミッドの前。
朝だけど、けっこう人出多かった。

いろんな人にTabbieが声をかけられた。
うちの犬は実は人気者だが、全く興味を示さない。

ところで jpegでもpngでも、写真のリサイズすると、画質がドット状になってしまう。
これはもう対処不可能なんだろうか。

Pyramid

修復中ノートルダム

燃えたノートル・ダム大聖堂はだいぶんできてきた感じ。

でも、あんまり元のままっていうのもつまらない。
元々100年くらいかけて作られていて、場所によって様式も違うというし、ちょっとだけ新たなところ足してもいいのになあ。

Notredame6

いきなり夏

昨日の昼頃から太陽が出て、どんどん気温も上がり、初夏の天気に。
今日はソー公園に散歩に。

Sceaux2_20240510143001

水木祝日

今日水曜日はフランスの終戦記念日。
フランスにとっては勝った日でもある。
そして、明日木曜日はキリスト昇天の日(ascencion)で祝日。

金曜さえ休めば5連休になり、多くの人がそうするのがフランス式。
これを「ぽん」(pont)という。意味は橋。
飛び休に橋をかけて、まとめて休むのだ。

・・・というわけで、火曜に「よい週末を〜」と言って帰ってく人々。
5連休だぞ、すでに週末っていうレベルではないと思うのだが。

日本のゴールデンウィークに近い。
時期的にも本来ならいい時で、今は日没も夜9時を過ぎる。
今年はイマイチな天気続きで曇っているので、実感が少ないのが残念。

マリアージュ・フレール

ネスプレッソマシンを持っているので、基本コーヒーの方が多い私。
カフェにもよく行って飲む。
でも、紅茶もたまには・・・。

というわけで、あんまり強くないけど美味しいやつは?とマリアージュフレールで聞いた。
それなら(マリアージュフレール特製の)ブルーティーがいいと言う。
茶葉が大きめで濃くなりすぎず、しかも美味しい、とのこと。

というわけで、買ってきたのがThe Bleu Des Legendes(テー・ブルー・デ・レジェンド)。
シトラス系のちょっとアールグレイを想像させるような香り。
それにブルーフラワーが配合されているのだそうだ。
お湯を注ぐと青くなる。
その時によって緑がかったりして面白い。
シトラス系の香りに味わいは優しい感じで、好み。

お茶系は私は自分用はかなり薄めにする。
濃いと苦手だったり・・・。
コーヒーの方はエスプレッソがんがん飲むんだけど。

今回写真をjpgではなくpngにしてみた。
画像のサイズは大きいけど、見て違うだろうか。

Teablue

新しいことば

ネットで見てても、新しい言葉は分からないことが多い。
知らなくてもあまり影響がない、ので、たいてい放置している。
そんなわけで、実は新しくないかもしれない言葉もある。

「インフルエンサー」という言葉があるけど、私は長らく「インフルエンザ〜」だと思っていた。
・・・ばら撒いて影響する分には似たようなもんか。

もう一つ、「バズる」という言葉がある。
buzzは「虫がたかっている音」。
で、そこから日本語も来ているのだそうだ。
生ゴミにハエが大量にたかっている、って感じかな?
音の印象は悪いんだけど、なぜ言葉が出回るんだろう。

buzz cut(バズ・カット)と言えば、丸刈りのような男性のショートカットヘアスタイルだ。
(これはバリカンの音がbuzz)
こちらでもよく見る。
でも、日本ではこの意味では使ってなさそう。


パリ市庁舎

写真はパリ市庁舎(Hotel de Ville)。
オリンピックが近づいてきたなあ。

でもまだままだパリの中あちこち整備工事中。
車やバスは迂回しまくるので、使えない感じ。

Hoteldeville_20240430233201

5月1日

今年の春は寒めで、やっと暖かい気候になった(最低10度、最高気温19度)。
つい数日前までは朝3度くらいで、ダウン着てる人も多かったが、ようやく冬物を片付けられるかも。

と、思ったらもう5月。
メーデー。勤労の日。
そして、フランス(ヨーロッパ)ではMugue(スズラン)の日。

日本だとゴールデンウィークの一部だろう。

散歩していると街角のあちこちにスズラン売りがいる。
どこから持ってきたんだろう系から赤十字まで。
花屋はほとんど開いていて、やはりスズランも置いている。

午後から雨・雷という予報なので、午前中にできるだけ散歩。
ベルティヨンでアイスを食べたり。
それからパン屋でバゲットを買って帰ろうとしたら、ちょうど売り切れたところで、次の焼き上がりまであと数分、という。
待ってる間に並んでいるパンを見ていたら、ナッツや干し葡萄入りのパンをちょうど切り分けてるところで、量り売りだという。
予定変更してそっちに。
変えたというと、「それ美味しいよ、バターでも美味しいし、ハチミツぬっても美味しい」。

昼食はシンプルにバターと生ハム。
そしておやつにはハチミツ塗ったの。

その後、なんか雷と雨がすごかった。

オペラ・ガルニエの中

今回のオペラは全く中をゆっくり見る余裕も無かった。
あちこちに公演に使われた衣装が飾ってあったりする。

Opera_20240430233201

 

オペラ メデア

オペラ・ガルニエで公演のオペラ、メデアを観に行った。

非常にマイナーなオペラ。
Marc-Antoine Charpentier(マークアントワーヌ・シャルパンティエ)
フランス、ルイ14世の時代の人(1600年代後半)。
この人の曲自身、聴いたことがない。
そう思っていたら、この人の「テ・デウム 二長調」の前奏曲はあちこちで使われている、とあったので、調べて聴いたら、確かによく耳にするものだった。
でも、このプレリュードのとこだけ、という気がするが。

で、メデア。
フランス語のオペラ。
この人のオペラ自身、観たことない人ほとんどなのでは。

再構成されてるので、舞台は現代というか近代というか。
舞台はかなり濃厚で、たくさんダンスが組み込まれていた。
つまり、すごい数の出演者。
最後の時に4−5列になって並んで舞台を覆い尽くすくらいの人数だった。
バレイやダンスが好きな人も楽しめるのでは。

話は暗い。

歌舞伎も暗い話は多いが、これも暗い。
暗くて長いオペラ(3時間半くらい)は、途中で寝る恐れがある、とちょっと不安だった。
けど、組み込まれたたくさんのダンスとその中で素晴らしく歌われるアリア、という感じで、全く長さを感じなかった。

休憩時間は短い上に、満席で、トイレが長蛇の列で大変だった。
オペラ座に行く人はお気をつけください・・・。

オルセー美術館

久しぶりにオルセー美術館に行った。

特別展示を含めて印象派を堪能した。

すごく混んでいたが、すごくよかった。

気に入った

ノートルダムをふと撮っただけの写真だけど、妙に気に入った。

Notredame5_20240423214401

春な天気

またまた冷えてる。
午後はともあれ、朝は寒い。
5度とかだし。

しかも、晴れ間が見えたかと思ったら10分もすると雲がかかってきて雨。
ざーっと降ったかと思うと15分後には晴れる、という感じの日が続いている。

天気予報どころではない。


写真は春なデザート。

ピンク色の方はルバーブ。
こちらではよく使う赤いフキのようなもので、ジャムやタルトにして食べることが多い。

そして緑の方は「Ortie」だという。
分からなかったので調べたら、イラクサの仲間で、セイヨウイラクサのことだそうだ。
イラクサ・・・名前の通り肌に触れると刺された感じでピリピリと痛く腫れる(←蕁麻疹)。

ただし、熱を入れるとこれがなくなるのだそうで、セイヨウイラクサはこちらでは料理とかにも使われている。
たいていはスープにするのだそうだ。
これを甘みを抑えたアイスにしてある。
ハーブのアイス、みたいな感じで美味しい。

食べるのは初めてだったけど、確かにハーブの一種と言われるとなるほどと思う。

とはいえ、触ると痛く腫れるようなものを、熱入れれば大丈夫だと誰が発見したんだろう?
口に入れてみるってけっこう勇気がいると思うけど。
・・・などと話しながらいただいたので、この単語忘れないと思う。

Alliance2_20240420195801

短い花の季節

先週行ったらちょうど花盛り!

あちこちにHanami(花見)の畑があったり、鳥居もあった。

気持ちよかった!

Sceaux_20240415214101
Sceaux1_20240415214101
Sceaux2_20240415214101

目玉焼き味のポテチ

ポテチに目玉焼き味というのがあったので、つい買ってしまった。
これがホントに目玉焼きの味わい。

不思議で面白い。

でも、原材料には卵は無し。
アロマのみでこの味わいを出している。

面白い、だけど、こんなのがアロマで出せるのか。
・・・自分が食べてるものが実際はなんなのか、成分表を見ないと分からない、ということになる。
成分表があれば、の話だが。

実際には(それなりに値段のする)卵をほんの少ししか使わないで、アロマで贅沢卵味にごまかすこともできる。
少しでも使ってあれば原材料には名前を書けるし。
キッパリ全く使わずアロマのみ、卵アレルギーでも食べられる、とうたうなら、それは利点ではあるけれど。

なんか自分が食べてるものってなんだろうと思ってしまった。

緑の日

アボカド・トーストに抹茶ラテ。
とっても緑
繰り返すけど、パリのカフェでは抹茶ラテには砂糖は入ってない。
砂糖というのは、お好みで入れたかったら後で入れるものだ。

日本も抹茶ラテで砂糖抜きはできません、などというのはやめてほしい。
・・・と、まだ不満が残っている日本滞在。

それはともあれ、ここの店の抹茶ラテ美味しかった。

 

Jozi2

春、なメニュー

他にも絶品モリーユとかあったけど、写真撮ってない;

春らしい食材がたっぷりのアリアンスの食事。

すごく熱い視線を浴びつつ・・・。

Alliance0
Alliance_20240408104701

ノートルダムの塔

実は先週撮って、アップし忘れていた。

やっと一つ周りの枠組みが取れて、顔を覗かせた塔。
ちゃくちゃくと工事は進んでいる。
天気はイマイチだが、このところ観光客は増えていて、みんな盛んに写真を撮っている。

Notredame3_20240404073101

Tabbie、半年ぶりのオステオパット

半年ぶりにオステオパットの先生に診てもらった。
獣医さんでもあり、いろいろ聞けるのが楽しい。

運悪く土砂降りの天気となったので、仕方なくTabbieはバッグに突っ込んで連れて行く。
途中で降ろして少し歩かせたけど。
そうでなければ散歩したかったのになあ。

診察台の上に乗ると震え出すTabbie。
マッサージのようなものなんだから、痛くも無いんだけど、怖いらしい。
本当は力を抜いてくれる方がいいのだが、こればっかりは犬には分からない。
それでも今回はだいぶんおとなしかった。
前回に比べるとだいぶん良い状態のまま維持していて、一部がちょっと動きが、ということ。

半年に一度だけど、少しずつ慣れてくれるだろうか?

ちなみに今回しっかりと診断書類を読んだ(←これはこの先生が獣医でもあるから。これが嬉しい)
Tabbieの後肢の付け根の関節には異形成がある。
レントゲンでもちょっとおかしいのが見られる。
割と犬には多いことらしい。
(ので、多くの獣医は骨折もないし正常と判断する程度だけど、受け皿に当たるところが少し足らない、らしい)
それでずれやすいので・・・とのこと。
でも、炎症とかは起こしてない(よかった)。
状態が良くなっているので、マッサージと整骨と鍼とそれぞれどれだけやった、ということも事細かに記載されていた。
・・・というようなことがレントゲンの解析付きと共に専門用語の羅列で述べられていた。

これは普通の人間のオステオパットよりも素晴らしいぞ。
こういうオステオパットは普通の肩こりではなく、やはりはっきりと症状があって、医者経由でないとダメなのかな。

とりあえず、また半年後。
そこらのオステオパットより格段に上なので(レントゲン画像をちゃんと診断できる)、今の先生がずっといてくれることを願う。

今年も咲いた、けど

今年は雨や風が続く。

一瞬だけ晴れたと思っても、夕方や夜には雨。
長持ちしないなあ。

この記事書いてる今もザーザーと降っている。

Printemps_20240404073101

イースターの週末

明日、月曜日がイースターで祝日で3連休。

偶然サプライズないただきもの。

花束とショコラ。

Paque1
Paque2

日本のリニア

日本はすごく小さい国だし、そこでまた小さい県が権利(だけ)を握っている。
アメリカは州ごとに違うが、何しろ広さが全然比較にならない。

一方、ヨーロッパは地方があっても、国単位でシステムが作り上げられる。
つまりフランスがここをこういうふうに通して、と決めたら、それが実現できるのである。
たとえ売り買いされていても、フランスという国が持っているからである。

このやり方はヨーロッパ的なものらしく、街作りや関わる大きな事業は国が決める。
一方で国が決めたら鉄道でもモニュメントでも作られる。(補償などの交渉は無論ある)

・・というわけで、静岡県の反対でリニアが挫折、というニュースを見て、日本らしいなあと思ったのだった。
静岡県民は東京はすぐ隣だから早い輸送なんて必要ない、という判断なんだろう。


とりあえず、リニアは名古屋から西に作ればいいのに。
名古屋から大阪を通って中国地方、そして福岡まで。
人口や都市の大きさを考えても、名古屋、大阪、そして福岡、3か所を結ぶと思えば、とても大きい。

Fu castella

友達と日曜に入ったケーキ屋さん。

人がいっぱい。
アジア系のお店なのは確かだけどどこかなあと友達と言っていた。
どうやらベトナム系らしい(?)

日本でもお馴染みのカステラやシフォンケーキ、ロールケーキがメイン。
いわゆる「ふわもち」系。

バニラやショコラだけでなく、抹茶やゴマ、そしてドリアン味もあるのが特徴。

頼んだのはシフォンケーキ。
本当はドリアンを試してみたかったが、なかったのでゴマ。

飲み物は友達が抹茶ラテ、私がほうじ茶ラテ。

どちらも砂糖は入ってない。
・・・一緒に行った友達に、日本で抹茶ラテを頼むと砂糖入りで甘くて、砂糖抜けないんだよと言うと、(私同様)ショックを受けていた。
砂糖抜きで十分美味いし、入れたかったら入れればいい。
1年後訪れた時には変わってますように。

ちなみに抹茶ラテはパリでもあちこちで見るけれど、ほうじ茶ラテを見たのは初めて。
しかも、ちゃんとほうじ茶!

シフォンケーキは実にふわもち。
しっとりしていた。
こういうふわ系日本的ケーキは私には特に好みではないので、日本に行った時だけ食べることにしていたけど、ここのは値段もパリでは普通だし、店員さんも感じ良かった。
ケーキ類はお持ち帰りできて、そちらがメインな感じ。

画像は小さくしたので、粗い感じだけど、雰囲気はわかると思う。
横の人が偶然ちょっと離れていて、Tabbieは間にしっかり伸びてくつろいでいた。
デザートには興味ナッシングのTabbie。
甘いものと分かるのか、くれくれが無いのは助かる。

入った時に入り口近くの(見る限りフランス人)男性二人の客が何種類もの山盛りカステラセットにクリームたっぷりドリンク(バブルティかな?)を堪能していたのが印象的だった。

 

Fu

すご〜く広そうに見えるが、アンバリッドからセーヌ川の間。
犬には緑がよく似合う。
向こうのほうに見えているのは、アレクサンドル3世橋とグラン・パレ。

すぐ広い道路なので、サッカー禁止と書いてあるが、よくやってたりする。

Tabbie_20240322080801

«春

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • Maps

Exchange Rate

無料ブログはココログ