パリの日々

アップルウォッチ

アップルウォッチ を買って、使い始めてから3週間ほど経った。
使い心地はけっこういい。

今まで携帯iPhoneを時計代わりに使っていたのだが、犬の散歩をしている時にバッグをガサゴソ探すのはけっこう面倒だった。
もちろんメッセージやメールチェックも取りあえずウォッチでできる。
天気も確認できる。
ラボで実験する時のタイマーにも断然使いやすい。
携帯でやっていたことを腕でできるのは、かなりラク。
カレンダーに入れている予定も携帯の通知では気がつかないが、ウォッチならいい。
また、ラボや自宅のMacがパスワード入れなくても解除してくれるのも非常に便利。
気をつけないといけないのは、セミナーなどの時に消音モードにするのは連動がないので、それぞれやらないといけないところか。
ウォッチのシアターモードで、iPhoneも消音モードで連動してくれればいいのに。

このアップルウォッチは運動する事を考えているので、運動量が測れるし、心拍数とかも出る。
汗も問題なければ、日常レベルの防水機能も付いているので、汚れを水拭きできる。
階段を上るのが手頃な運動になっている、こともわかってよかった。

というわけで、けっこう気に入っている。

さて、心拍数がはかれるとなると、いろいろな記事によく出ている睡眠分析なんかやってみたくなる。
そこでよくいいと言われるAutoSleepを入れた(360円)。
睡眠の質がわかるというのだ。
寝る時につけっぱなしにする必要があるのだが、1日おきくらいにやってみている。
・・・そして分かったことは、私はいつもよく寝ているということだった。
コレで異常な心拍数上昇が出て、心臓の異常を見つけたなどという体験談もネットで見かけたが、すこぶる正常だった。
昨晩はなかなか寝付けなかったとか、変な夢を見て起きた、とかあっても、その他の時間は熟睡しているらしい。
トータルの睡眠時間が短い時は、深い眠りの割合が増え、結局寝られている。

まだ試してみていないのは、飲酒をすると眠りが浅くなる、というやつ。

少し・・・

パリは暑い。
雨もなしで今週は夏の陽気。

祖父のことでちょっと進展があった。
メールをいただいて、情報をもらったので、カテゴリー「祖父の記録」に書き加え中。

ところで、大島浩大使や祖父がル・アーブルから乗せられた船、USS West Pointのリストの中に、「Patrick Nagano」という人がいる。
ちょっと気になって検索してみたら、アメリカ生まれの2世だった。
記事は→コチラ
この人も日本人だということで、本当に大変な人生を送った人だった。

"The M.I.S. assigned Nagano to the European theater. His assignment was to be parachuted into the Japanese Embassy in Berlin before the Russians could obtain the intelligence documents. Fortunately for Nagano but not for the Western Allies, Berlin fell to the Red Army before that could happen."

「・・・与えられた任務は、ロシアが情報文書を手に入れる前に、ベルリンの日本人大使館にパラシュートで降りることだった・・・しかし、彼にとって幸いなことに、ベルリンはその前にロシア軍の手に落ちていた」

降りてたら生きてなかったろうなあ。
大変な目に遭いながらも戦争を生き延びて、最終的に96歳まで生きた。

夏至

夏至だ。
夏至といえば、Fete de la musique(音楽祭)。
というわけで、街は音楽(時に騒音)で溢れている。
今晩は町中コンサート。

パリに戻って

日本では、東京ではやし屋の抹茶ソフト、なども含め、いろいろ美味しいものを食べた。
地元ではモクモクファームの濃い豆腐やハム、大内山の乳製品とかも気に入ってるし。

パリに戻って早速食べたのは、Archibaldの美味しいパン、Laurent Duboisのチーズ、Pierre Hermeのケーキやマカロンなどなど。
大きなステーキもLa Becane a Gasonで食べたりしたし。

Laurent Duboisの創作チーズの中に、セップ入りカマンベールというのがあった。
これがなかなか私好みでヒットだった。
癖のあるチーズが好きな人向け。
ただ、トリュフ以外のきのこ大嫌いなTabbieはセップだけ避けて食べるので、端っこの方の入ってないとこだけ。

伊勢 鈴

伊勢神宮に行った時、伊勢 鈴 というのを買った。
Tabbieへのおみやげ。
散歩の時に、と。
ハーネスにもぴったり。
澄んだ綺麗な音色で鳴るのだが、けっこう響くので、夜の散歩の時のみ。

Tabbie9

雨・・・

パリは梅雨のようだと書いたが、今日も雨。
Tabbieは外を眺めただけでUターン;
ちょっとくらい出て欲しいのだが。


米朝会談がうまくいった、らしい。
どううまくいったのかはよくわからない。
が、さしあたり、日本では「明日はくもりのち雨、ミサイルの落下に注意」なんてことにはならなさそう。

一方で、EUとアメリカの溝はほとんど対立状態。
ただ、この対立だと、戦争にはもはや繋がらないだろう。
現在のところ1番血なまぐさい戦争問題は中近東かな。

パリに戻る

今回は名古屋も行かずじまい、行ったのは伊勢神宮日帰りのみ。
そしてあっという間に過ぎてしまった。
伊勢神宮はやはりいい。
なぜか別空間に入って行くような気がする。
それにしても、平日でも観光客多かった。
TVで見たシャンシャンは可愛かったが、見に行かずじまい。

今回はTabbieが新しいところに預けてあったので心配だった。
が、変わらず元気に戻ってきた。

荷ほどきをしているとアデルが出せとうるさい。
Tabbieが帰る前にアデルを出し、水浴びさせた。
アデルはTabbieがいないので、長いこと床をあちこち歩き回っていた。
なぜかこのアデレード・ロゼラ(キアカクサインコ)というインコは、飛ぶ回るより歩き回るほうが楽しいらしい。

Tabbieは帰ったら帰ったで、目がトロンとし始め、すぐ寝てしまった。

パリは非常に蒸し暑く、毎日のように雷を伴う雨。
ほとんど梅雨のような天気である。

馴染むまで少し時間がかかりそう。

少し日本に

なんとか荷作り終了。
たぶん・・・。
いつも後で何か思い出すけれど。

Tabbieはすでにノルマンディに。
新しい預け先だけど、楽しんでくれるといいな。


Tabbie8


ばたばた

さて、もうすぐ日本に行く。
相変わらず何も準備できてない^^;

写真は走り回った後、木陰で休むTabbie。
なんとなく風格がある。
こういう時のTabbieは呼んでも来ない。

Tabbie7


バラ満開

週末、パレロワイヤル公園に行ったら、バラが満開。
暑すぎずいい天気だったので、みんな噴水のまわりで日向ぼっこ。
私とTabbieも混じって日向ぼっこ。
Tabbieはあつあつに・・・。

お昼はさっぱりしたフランボワーズ&ライチのオリジナルドリンクとタラとアボガド、グレープフルーツのタルタルをl'Enclos de Ninonで。

こういう最高の天気の週末は本当に珍しい。


Palaisroyal1


Palaisroyal2


Ninon4


より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • Maps

Exchange Rate

無料ブログはココログ