パリの日々ーワイン

夏向き白ワイン

このワインは暑い時にぴったりだった。

Vin13


It was a very nice white wine during the hot summer.

久々の週末ワイン: week-end wine

けっこう涼しくなったので、久しぶりにワイン。
Chambolle Musigny, Dom. Laurent Roumier, 2011
こういうののハーフ、ほとんど見かけないけれど、もっとあるといいなあ。
私みたいに飲めない人間にはとてもいい。
シャンボールらしいスミレの花のような華やかな香り、若いのでアルコール強いけれど、エレガント。
不思議な強さと複雑さ。
これはなかなかいい。
夕飯はステーキ。
タビィが目をキラキラさせてくれくれモード。
タビィは付け合わせのマッシュルームだけしっかり残して、肉だけきれいに平らげた。


Vin12


Since it was a bit cool down, I opened a half bottle of red wine.
Chambolle Musigny, Dom. Laurent Roumier, 2011
It was first time to find the half bottle of this domaine. I hope that they make more half one as well as hull bottle. It is a good size for me.
It has charming floral smell, strong enough as young wine, but very elegant.
Mysterious strength and complex as well as delicateness.
Very good wine.
The dinner was steak.
My tibetan spaniel Tabbie appealed in her eyes to be shared.
She ate only meat and let mushroom that was in the plate.

vin de paille du Jura

Vin de pailleは甘口ワイン。
小さなボトルで売っていて、価格もお手ごろ。
ロックフォールなどと一緒に甘口ワインを少し、という感じ。
開けてからけっこうもつ。

Vin10


It is a kind of sweet wine, vin de paille.
It is sold in the small bottle and not so expensive.
Good to take a bit with roquefort.
We can keep it after opening.

ボルドー

グランクリュと立派そうなラベルのボルドーワイン。
価格は30ユーロ程度と特級ボトルにしてはお手ごろの2005。
味は・・・かなりフツー。
柔らかく、飲みやすいが深みに欠ける。

Vin9

I found a bordeaux with a nice label "Grand Cru". It looks like a great bottle with a reasonable price around 30 euros.
The taste is quite average...
It is easy to drink with mild taste but not much complex.

赤ワイン

夕食にパンにおいしいチーズを乗っけて食べていたら、タビィがくれくれモード。
ほんの少しやってみたら、チーズだけ食べて、器用にパンはよけて残してあった。

月初めのイースターの3連休の間に堪能したワイン。
ジャンテ・パンショのジュヴレ・シャンベルタン、ヴィェイユ・ヴィーヌ、2002
いい感じで熟成していて、ふくよかで濃厚で官能的で、その余韻も長く響いて美味しかった。


Vin7

Gevrey Chambertin VIeille Vigne Dom. Gantet-Pansiot 2002
Extremely delicious, concentrated, with a long finish, matured, voluptuous....it stays long...

Hermitage

写真はギガルのエルミタージュ。
クローズ・エルミタージュとあったが、届いたらエルミタージュだったもの。
ミネラルにナッツ、果実味、コクがたっぷりで、値段的にもお手ごろ感が強い。
樽も強い感じでかなり濃厚なので、魚介類だけでなく、白いお肉・・・鶏肉とかにもいい感じ。

Vin4Hermitage (blanc) 2009, Guigal

It was quite concentrated pleasant white wine.
Mineral, nuts, oak, confiture such as yellow prune or peach...very thick oily taste as well.
Very good.
This is good for chicken or turkey as well as seafood. Or something like white stew.

ブロゴーニュの赤

Vin5Bourgogne 2008 Dom. Ghislaine Barthod
ブルゴーニュ、2008 ドメーヌ ギスレーヌ・バルト

ただのブルゴーニュが22ユーロ。
それでもこのギスレーヌ・バルトのワインはまだコスパいい感じ。
バイオレットの香りと書かれているが、確かにちょっとスミレっぽい香りと味わい。
かなりミネラルな感じがする。
そしてパワフル。
がっちりとしたいい作り。
次の日も十分に楽しめた。

ところでアラン・デュカスのビターなマンディアン。非常に赤ワインと合う。
びっくりするほど合う。
ぜひお試しあれ。




This basic "bourgogne" is 22euros. But it is good.
It is said that they have violet smell and taste. And yes, I could find it.
I feel mineral and power.
It has a good potential.
It stays the day after.

By the way, the Mendiants of Alain Ducasse are perfectly matched with the red wine. Please try.

ワインの話

人生の中で、うまいワイン飲んだ経験が有る。
DRCのロマネコンティの62は素晴らしかった。
アンリジャイエの85のエシェゾーもものすごくよかった。
オーブリオンの47とか53あたりもおいしかったし、ラフィットのこの時代のもおいしかった。
確かペトリュスも47だか49だかもやたらおいしかった。
これらの思い出、まだフランだった頃の話だ。
今時、このレベルのものは飲む機会がない(金銭的に論外)。
昔はよかったという話だが、飲めてよかった。
いまだに余韻が残る昔の経験だが、こういう経験をもとに私はブルゴーニュが好きになった。
ボルドーも好きなんだけど。それにローヌも。
考えてみれば、ユーロに入ってからもヴォーギュエ(ぶるごーにゅ)もいくつか飲んでるし、シャトー・ラヤス(ろーぬ)も飲む機会が何度かあった。
こういう機会を一緒に楽しめる友達たちがいる。
ワインは一期一会。
手の届かなくなってしまったワインも増えたけれど、新しい作り手もまた出てきた。
これからもいい出会いがありますように。
ちなみにこう書いているけれど、週に1本飲むか飲まないかで、量は友達まかせだったり。

追記:大切なことを書くのを忘れていた。
こんなに色とりどりのワインに出会い、はまったのは、渡仏直後にトゥールダルジャンの林秀樹さんと知り合いになれたこと。
こういうことは実名を出していいかな?
DRCをあれこれテイスティングできるチャンスをくれたのは、この人のおかげである。
ジャイエは自分で機会を2回ほど見つけたが、この手のDRCの美味しさに出会ってなかったら、ジャイエをがんばって試そうとは思わなかっただろう。
「痩せた方がいい」などときびしいことを言ってる(・・・何しろミシュランのビバンダムかセントレアの謎の旅人フーなおじさん・・・)けれど、おかげでいろいろなワインに最初出会え、その後自分でいろいろ試すきっかけになった。
とはいえ、最近長らく林セレクトのワインを飲む機会はないけれど。




I have many extremely good experience of French wine when France used French Francs (before 2000).
The Romanee-Conti of DRC, 1962 was wonderful.
Echezeaux, Dom. Henri Jayer 1985 was extremely gorgeous.
I enjoyed a lot Ch. Haut Brion 47 or 53. Ch. Laffite at those age were also delicious.
Petrus 47 or 49 was really good.

Nowadays, I don't have chance to taste these class of wines, since they become extremely expensive.
It was a good experience in my life.
And because of these experience, I love Bourgogne.
Though I also love Bordeaux and Rhone.
After euro coming (2000), I could have a chance to taste Dom Comte Georges de Vogue, several times of different bottle and different year that I love.
I also enjoyed excellent Ch.Rayas.
I have many friends to taste these wonderful wines together.
There are many new wine makers to try.
I hope that I can continue to have a good experience.
I write like I drank a lot, but I myself can not drink more than a bottle par week. Is it strange? But it is like that. petit a petit.

PS: When I arrived Paris, I have a chance to meet Mr Hayashi Hideki in the Tour d'Argent. He gave many occasions to taste different vintage wine. And he gave us a chance to taste various DRC. Then I tried myself various wine including Henri Jayer.

いつ開けるか?どれを開けるか?

まだまだ寒いが、春になった。
そう思うのは、アデレード・ロゼラのアデルがやたら歌う(というか叫ぶ)ようになったから。
冬の間は貝のように静かだったが、今は妙に絶叫モード。


あまり好印象ではなかったHubert LignierのGevrey Chambertin、中1日置いた3日目にはへたへたにへたってはいた。
が、ここに至ると不思議な底力がちゃんとある。
もしかすると、もうちょっと年を経ればいい感じに変貌するのかも。
面白いといえば面白い。

さて、最近Gevrey Chambertin続きで、フィリップ・シャルロパン・パリゾ(Philippe Charlopin Parizot) とジャンテ・パンシオ(Geantet Pansiot)と交互に買ってる感じだけれど、いつ開けようか考え中。
まだ若すぎるけれど、待てない気もする。
その場合、どっちから開けるべきなんだろう??
どっちもvieille vigneだ。




It's still cold. But spring is coming.
Because my Adele, Adelaide rosella, starts singing (or shouting) more and more.
During winter, she was quiet, but now she becomes very active.
It is a sign of spring. No doubt.


The Gevrey Chambertin (Dom. Hubert Linger) that I did not have a good impression, became go down but still drinkable after three days. I was surprised that I could find their power now.
Probably it is the problem of timing. It would change a pleasant wine after several years. It has some potential.
This is what lover wine. It is a mysterious drops from the nature.

For the moment, I bought several Gevrey Chambertin. I'm wondering which one I will open first "Phillipe Charlopin Parizot" or "Geantet Pansiot".
Both are Vieille Vigne (old grape trees) and the same (young) year. Difficult choice.
I should wait years but I can't...
Which one I will open first...?

一見華やかなジュヴレー・シャンベルタン

Vin3Gevrey Chambertin, les Seuvrees Dom. Hubert Lignier, 2007

開けた時から華やかなワイン。
赤い果実のブーケ。
あんまり土臭くなく、優美な感じ。
だけど、なんとなく華やかな香りがメインみたいで中がしっくりこない。
それなりに酸はあるけれど、どっしり感が足りないというか。
次の日になると、華やかブーケの香りと味わいが、化粧を剥がすように抜けて、フツーのワインになってしまった。
もうちょっとしっかりしたジュヴレーシャンベルタンの方がいいいなあ。
デギュスタシオンみたいに、開けてすぐみんなで一杯飲む、分には、「おー割といい感じ」かも。
リニエ家はいろいろややこしいドメーヌだけれど、これは私の好みとはちょっと外れる。

・・・っていうか、古酒飲みたいなあ
せめて1900年代、21世紀になる前の。



It is very gorgeous fruits smell. A kind of bouquet.
Not much terroir. Elegant fragrance wine.
But somehow it is masked the important inside structure.
There is some pleasant acid, but not enough structure.
After a while, the gorgeous bouquet is gone. It becomes like peeling off the makeup.
I prefer a bit different style Gevrey chambertin.
Maybe it is very good for the degustation, open and drink at once with many people. It will give you a good impression.
Lignier is very complicated family. But this one is a bit out of my favorite.

...well, I feel that I really want to taste more aged complex wine.
At lease at 20th...

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ