« 秋のピエール・エルメ | トップページ | クロワッサンの日 »

ヨーロッパ卵事件終了

犬のノミ取りに使われる薬剤が使ってはいけない鶏舎に使われ、卵に混入した事件。
もともと混入させてはいけないので、その薬剤を混ぜた会社もすぐわかり、その配布先もバッチリわかり。
・・・というわけで、処理は早かった。

これぞEUの強み。
国境に邪魔されず、経路足跡が追える上、同時に同じやり方で処理できる。
珍しい事件だったけど、この元がよそだったら、もっと長くこじれるだろうことは確か。



一方で、イギリスがEUを離れるBrexitはこじれている。
手切れ金で揉める離婚は珍しくない。
・・・と、ニュースで言っていたが、そりゃあイギリスは払いたくないだろう。
イギリスだってもし逆の立場なら全開で払え要求することは間違いない。
気軽に参加離脱されても迷惑だし。
ここら駆け引きは、見守るだけ。

« 秋のピエール・エルメ | トップページ | クロワッサンの日 »

パリの日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/65756340

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパ卵事件終了:

« 秋のピエール・エルメ | トップページ | クロワッサンの日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ