« スリッポン-リビエラ(Rivieras) | トップページ | フランスの日本人向け銀行、LCL »

犬の目

突如ぐんぐんと気温が上がったパリ。
今日も夏気候になる模様。
明日から10度下がる予報だけど・・・。

サイエンス系チャンネルで犬の特集を見ていた。
さて、犬の視界は人間より狭い。
広範囲も見えないし、よく見える距離も限られている。

そして、ノズル(鼻)の長い犬ほど、視界が遠い、いわば遠視。
遠くで動くものはよく見えるが、目の前の飼い主の顔はよく見えてない。
一方で、サル顔ネコ顔のノズルの短い犬種は近くはよく見える近視系だが、遠くはよく見えない。
うちの犬Tabbieは短めで、リード付きで散歩している犬と、人がゴロゴロと引っ張っている大きめ荷物、の区別が近くに来るまでできない。

Tabbieは、「もしかして犬(同類)かも」とワクワクしながら少し待って、「なーんだ違った」、とスタスタと歩き出す。
こういうことがよくあって、なぜわからないのか私には理解できなかったが、遠すぎてよく見えないからだ。

というわけで、人間より目は悪いようにも思うが、「自分の見える視野にあるものなら、素早く動くものは人間よりよく見える」
つまり、遠くの見える鼻の長い犬は、遠くの方で超スピードで走っている動物をはっきり追える。
一方で近くのよく見える鼻の短い犬は、近くを走るネズミや飛び回るハエを追える。
どちらも人間はすぐ見失ってしまうが、犬はそんなことはない。
あと、暗いところも人間よりよく見える。

止まっているものは苦手なので、コロコロ転がっているボールは追えるが、止まるとわからなくなることも多い。
(人間は止まっているものはよく見える)

色は見えるが、色を識別する細胞の数や種類が違うので、世界は違う色に見えている。
赤緑色盲(ダルタニアン)の人間に近い色ではないかと思われている。

一般に人間の方が犬より目はいいと思われているが、単純に比較はできない。
狩猟に犬が使えるのは、鼻だけでなく動体視力も効いているからだ。

« スリッポン-リビエラ(Rivieras) | トップページ | フランスの日本人向け銀行、LCL »

パリの日々」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/65286812

この記事へのトラックバック一覧です: 犬の目:

« スリッポン-リビエラ(Rivieras) | トップページ | フランスの日本人向け銀行、LCL »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ