« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

カラスに好かれる

散歩中、1羽のカラスになぜかまとわりつかれたTabbie。
通りがかりの人も面白そうに見ていた。


Tabbie7


Tabbie8


いちご・いちご

このところ、いちごがいっぱい売っているので、しょっちゅう食べている。
今、一番気に入っているのは「Ciflorette」という名前のいちご。
ホワイト・アスパラもお腹いっぱい食べたりしてるけど。


写真は「春の新緑とチベタン・スパニエルのタビィ」、それに、「春の花壇とチベタン・スパニエルのタビィ」。
この季節のまま止まってほしい(笑)


Tabbie6

Tabbie5

できた〜

ほっとんど書いてない仕事の話。

Crispr/Cas9を使っての遺伝子操作が身近になったので、エレクトロポレーションでマウスKO作成を試した。
結果、初回一発で取れた。
しかも、培養や胚操作に弱いBALB/c系統。

いや〜、これはいい。

一番最悪そうなシナリオは・・・

ルペンが勝って、フランスがEUを抜ける。
    ↓
ガタガタするEUに、イギリスが「過ちを正し、ヨーロッパを安定させるためにEUに戻る」とか決める。
    ↓
先導するのがドイツだけではどうしようもないので、受け入れられる。
    ↓
フランスが孤立する。


・・・ってなコトになったらフランス最悪

選挙の結果は

フランスの大統領選、初回の結果はまあ予想通り。
全員がタケノコの背比べの状態で、かつ、予想の二人がほんの少し上回った、程度。

それにしても極左と極右がこれほど数を稼ぐ時代になったとは。
しかも、極右の人が極左に流れたりと、ちょっと前には考えられないようなことも起こっている。

結局メジャー政党が敗北するという予想はバッチリ。
まあ勝てるとも思えない雰囲気だったけど。

勝った一人マクロンは39歳。
私的には面白いが、田舎の人には全くウケないだろう。
ここらはフランスも日本も同じで、「そんな若造に政治を任せるのは」というだけで投票しない人も多い。
ではルペンは女性だが・・・というところだが、彼女は親が極右の大物だった、という七光りが強み。
田舎の「世界なんて関係ない」と信じている人々から票を獲得するのはこの極右。
(でも、石油も衣服なども輸入に頼ってるし、世界を無視して生活ができているわけはない)

どっちがなるかわからないけれど、マクロンが勝ったら、ギリシャの最年少首相チプラス(40歳で首相)を抜く最年少。
実業家ならこの歳でメキメキも珍しくないけど、国家のトップは珍しい。
元気はあるし、ルペンよりはいいのではとは思うが。
経済には強いはずだし。

さて、どうなることか。

なんでもいいが、EUだけは存続して行ってほしい・・・。

Sceaux(ソー)のパン屋さん

ソーのパン屋さん、L'etoile du berger (Franck Devieu)のMillefeuilleミルフォイユ。

ソー公園の入り口近いソーの教会前のパン屋さん。
ここは大変美味しいパン屋。
で、パン類をあれこれ買ってはいたのだが、最近ケーキ類も美味しいことを発見。

見た目は割と素朴系のタルトなどもめちゃ美味しい。
天気のいい週末の昼頃に行くと、食事用に日々のパンを買う人、ケーキ類を買う人、加えてサンドイッチ系を買う人で長蛇の列。
店でも食べられるけど、その場合は値段が少し上がる。
公園に持って行って食べる方が気持ちいい。


Etoile


エルメ

妙に冷え込んでたり、曇りだったりと、これも春らしい気候だが、マロニエが結構咲いている。
かなり日も長くて過ごしやすい。

エルメのクロワッサンは、普通のもイスパハンのもちょくちょく食べている。
特に散歩の途中で通ると危険(笑)。
そばのサンシュルピス教会の前で、のんびりハトを見ながら食べる。

その下のは、Tarte Mirafloresというイチゴとマンゴが乗ったタルト。
美味しかった。
ここのはイチゴも美味しい。

Herme5


Herme6


やれやれ

ふとニュースを付けたら銃撃事件。
シャンゼリゼ・・・^^;

突然どこで何が起こるのかわからない今日この頃。

だいぶん観光客も戻って来ていて、週末ルーブルでも待っている人の長い列が見られたんだけどな。
大統領選の結果がこれでまた一段と怪しくなりそう。

買い物

また冷えていて、朝散歩に出たら妙に寒かった。
4度。
寒いわけだ。


先日の夕刻、ボンマルシェのところの食料品売り場、グラン・エピスリーの方で買い物していたら、男の人が赤ワイン1本、バゲット1本、そしてソシソン(セック:こっちのサラミみたいなの)を1本、カゴの中に放り込んでいた。
・・・わかりやすい買い物である。

つられてそのソシソンをふと購入。
ボンマルシェで買ったことなかったが、これがなかなか当たりだった。
(パリでは地方と違い、結構ハズレも多い)

他にチーズとオリーブ、ナッツにイチゴ。
シーズンのイチゴも選んだのが大当たり。
こういう時は気分がいい。

ホワイトアスパラの少し色付きバイオレットアスパラも積んであったので、これだけが割と料理の素材らしいもの。
シーズンなのでこちらも美味しかった。
今回はスモークサーモンの端っこを冷凍してあったのを味付け用に。

Tabbieもソシソンとチーズには大喜び。

ランチ

イースターの3連休。でも、天気がイマイチ。
天気が良かったらソー公園とか行こうと思っていたが、パリで過ごす。
外食ランチ、散歩中に適当に入るのだが、このところイマイチフツーのもの続き。
ここも偶然入って、値段と中身は釣り合ってる家庭料理系。
悪くはないが、休みに開いててまあ妥当、以上の印象はなし。
英語ができるので、ガイジン客が結構いた。

匂いにつられてTabbieの瞳はキラキラ。

Lunch


Lunch1


夕焼け

気持ちのいい夕焼け。
日が長いこの季節ならでは。


Sunset


アンジェリーナ

少し前まだ寒い頃の週末の朝、ルーブル周辺を散歩。
割と冷えていて、どうしても用が足したくなった私。
ふと通りかかったアンジェリーナ。
なんと犬オッケー!
最近、おしゃれな店はダメと言われることもあるので、すごく助かった^^
しかも割と朝早くからやってるし。
まだ混んでなかったので、端っこの方で犬がいても落ち着ける場所に通してもらえたし。

久々に来たけれど、だいぶんメニューが変わっていて、ここにもパン・ペルデュ(フレンチ・トースト)が。
ちょっと焦げてるのが気になったけど、味は美味しかった。
フレーバー・ティーとともに。
Tabbieはゴージャスな絨毯の上で、ゆったり(写真右下に光ってるのはTabbieの瞳)。

早めの朝はいい。
そのあとどんどん観光客が入って来て、あっという間に満席。


Angelina


レモン・タルト Yann Couvreur

たまにはエルメ以外のケーキも。
とはいえ、Liberteのタルト・シトロンもちょくちょく食べているのだが。

これはYann Couvreur(ヤン・クーヴルー)というところのタルト・シトロン(ライムも入ってる)。
見た目がいいし、入れてくれる箱や袋のデザインもいい。
おしゃれなケーキ屋さん。
味の方は軽め。


Couvreur


桜満開の週末

ひたすら満喫。満足。
八重桜は鈴なりになっているようだった。



Sceaux


Sceaux1


Sceaux2


Sceaux3


花盛り

帰り道に久しぶりに遠回りして、植物園を通った。
犬を連れては入れないので、ずっと来てなかった。
春満開。
桜らしいのはもう花が散っていた。


Printemps


Printemps1


Fondant Baulois(フォンダン・ボロワ)

写真はかなり有名なチョコのお菓子。
Fondant Baulois
濃厚ショコラが好きなら外せない。


Chocolat1_2


フィレンツェ

フィレンツェでは美味しいジェラートを食べた。
ポンテ・ヴェッキオの隣の橋、サンタ・トリニタ橋を渡ったところにあるジェラート屋さん、Gelateria Santa Trinita。
同僚が美味しいからと皆で行ったのだが、本当に美味しかった。
フィレンツェには山ほどジェラート屋はあるのだが、この店はいつも列ができている。
確かにうまい。
2.5ユーロのカップで3種類(別に2種類でも構わないが)。
パリにたくさんあるジェラート屋より格段安いし。
行く機会があったらぜひ。


さて、もうすぐイースター(復活祭)なので、あちこちで卵やニワトリのチョコが飾ってある。
これはパリも同じだけれど、飾り具合が違うので楽しい。
とはいえ、この気候だとちょっともうチョコはいいかなぁ・・・というわけで、結局イタリアチョコは買わずじまい。


Florence2


この広場のオベリスク

前回の写真はフィレンツェ、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会である。
その手前、以前は駐車場だったそうだ。
そこが綺麗になって憩いの場に。
この方が断然いい。

さて、手前に立っている記念碑のようなオベリスク。
拡大すると↓下の写真のようになっている。
これ、耐震性なさげに見えるのだが・・・。

挟まれているカメがかわいい。


Florence1


« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ