« こっちはわかっても、あっちはわからない | トップページ | Shirataki de Konjac(シラタキ・ド・コンジャック) »

春になったから

イマイチな天気が続いても、春。
2週間ほど前、新しい香りが欲しくなった。

店員さんに勧められて試して、あまりにもはまった。
春だし花の香りがいい、甘いけど甘すぎない花。
これこれ、今欲しい香りはこれ。
というわけで、つい買ってしまった。

JOYEUSE TUBEREUSE

訳すと、幸せの月下香(チューベローズ)、という感じかな?
新作なのだそうだ。
グリーンフローラルでイノセントな香り、という説明通り。



ところでこのTubereuse。
よく香水には使われるので、見る名前。
だが、初めて見たとき、Tuberculose、と勘違い。ものすごい名前だ・・・と思っていた。
さすがにそんな名前をつけるわけはなく、植物(花)の名前だった。
この辺、仕事柄の大間違い。
ちなみにTuberculoseは結核。

« こっちはわかっても、あっちはわからない | トップページ | Shirataki de Konjac(シラタキ・ド・コンジャック) »

パリの日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/64967703

この記事へのトラックバック一覧です: 春になったから:

« こっちはわかっても、あっちはわからない | トップページ | Shirataki de Konjac(シラタキ・ド・コンジャック) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ