« 痛かったのは犬だ | トップページ | チベタン・スパニエルのTabbie: ちょっとカメラ視線 »

パリのペットグッズ屋

ペット用品、犬猫のものをパリで買うとなると、一番有名なのは「Moustaches」(ムスタッシュ:ヒゲという意味)だろう。
このお店、品揃えがよくて、ちょっといいなと思うハーネスやリード、ちょっといいおやつ、冬になると寒さよけのコートなどなど、飼い主に尋ねると、「これはムスタッシュで買った」という言葉が大抵帰ってくる。
店はマレにある。

もう一つ、割と大きめで知られているのはBHVのペットグッズコーナー。

しかし、どちらもうちのアデルのためのものがない。
最初のうちこそマルシェで買ったり、イベントで聞いて買いだめしたりしていた。

最近はどちらもネットで買っている。
両方の商品でうちのに合うものが売っているところ。
というわけで、今はWanimoというところに落ち着いている。

ここのいいところは犬用に2キロ程度の小さいサイズのフードも扱っているところ。
多くのところは10キロ単位のでかいのを扱ってるところが多いのだ。
(つまりそういうでかいのを使っている人が多いということ)
そして、うちのアデルの好きなメーカーのフードも売っている。
水飲みや葉っぱを挟むクリップもいいのがある。
(洗濯バサミで代用する人もいるかもしれないが、金属が使ってあるものは良くないから、プラスチックオンリーのもの)


犬のフード、シャンプーなどは獣医さんところかネット。
(とはいえ、シャンプーは1シーズンに1回程度なので、ほとんどなくならない)
リードもネット。
ハーネスだけはそこで気に入ったものを取り扱ってないので、ムスタッシュ。
また、おトイレシートはペット用と称するものは高いので、スーパーで赤ちゃんの下に敷くよう(オムツだけではなく平たいのも売っている店がある)を使っている。
人によっては老人用(?)のを使っていて、こちらの方がサイズや容量が多くて大きな犬にも良さそう。


さて、うちの犬はもふもふなので、冬でも服は着せない。
うちの犬が服を着たのは、術後の傷跡をむやみに舐めないように、という時のみ。
ピンシャーのようなショートヘアの犬・年をとった犬は零下で散歩は寒いので、冬は着せてる人も多いが。
なので、日本では多いだろう、かわいい類の服を置いてあるお店、というのは全く知らない。

« 痛かったのは犬だ | トップページ | チベタン・スパニエルのTabbie: ちょっとカメラ視線 »

パリの日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/64127400

この記事へのトラックバック一覧です: パリのペットグッズ屋:

« 痛かったのは犬だ | トップページ | チベタン・スパニエルのTabbie: ちょっとカメラ視線 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ