« ピエール・エルメ: Pierre Herme | トップページ | 夏の週末散歩 »

ハトとカラス

道端に捨ててあるパン(バゲットと言われるフランスパン)。
パリパリ・カチカチに乾燥している。

ハトが群がってガシガシつついているが、カチカチに硬い上軽くて動くので壊れない。
壊れないので口に入らないのだが、ハトはひたすらつついている。

そこにカラスが来て、あまり大きくないパンを拾って飛んで行った。
まだ残っているのでハトは怒らず、残りの大きなパンに群がっている。

近くに水が噴き出しているので、水たまりができているところがあるのだ(水道水、掃除用?)。
カラスはそこにパンを運んでいくと、まずパンを横に置いて、水を観察し、くちばしを突っ込んで、試し飲みしている。
そうして水を確かめた後、カラスは横に置いたパンを水の中に突っ込む。
丹念に何度もひっくり返しながら、パンをしっかり水に浸ける。
・・・こうして水浸しで柔らかくなったパンを、カラスはむしりながら食べる。

元の場所ではまだハトの群れがえんえんと硬くなったパンをつついている。

いずれ水でふやけたパンを見つけたらハトたちもそちらに群がるだろう。
群れになったハトはカラスより強いので押しのけてしまう。
それまではカラスはゆっくりと自分の食事を楽むのだった。

« ピエール・エルメ: Pierre Herme | トップページ | 夏の週末散歩 »

パリの日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/63960308

この記事へのトラックバック一覧です: ハトとカラス:

« ピエール・エルメ: Pierre Herme | トップページ | 夏の週末散歩 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • Maps

Exchange Rate

無料ブログはココログ