« エッフェル塔は | トップページ | Lenotre(ルノートル) »

英国離脱

30度で暑くてうだっていた中、英国のEU離脱が僅差で決定した。
ほとんど半々なので、負けた方はかなり不満だろう。

イギリスはポンドをずっと使い続けているので、こちらとしてはあまり影響がない。
行き来もパスポートチェックが結構シビアなのは変わらないし。

さて、経済や政治問題は横において、ちょっと気になるところ。
例えば、パリのあちこちでイギリス国籍の人が気軽に働いている。
私のような日本人は、滞在許可を申請し、労働許可も取らなければならない。
これは決して簡単ではない。

EU内の国同士だと、この許可が大分違い、気軽に働けるはず。
こういう人たちがどうなるのか?
身近で出てくるとしたら、この程度。

« エッフェル塔は | トップページ | Lenotre(ルノートル) »

パリの日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/63829509

この記事へのトラックバック一覧です: 英国離脱:

« エッフェル塔は | トップページ | Lenotre(ルノートル) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ