« 犬の外耳炎 | トップページ | 朝焼けのエッフェル塔: Tour Eiffel »

Francois Pralus(フランソワ・プラリュ)のチョコレート・バー

この日曜は復活祭:イースターだ。
巷には卵のチョコが溢れかえっている(他にも鶏とかうさぎとか)。

自分用には、イースターのチョコではなく、普通のチョコ。
有名なフランソワ・プラリュのチョコ・バー。
今回のはダークチョコにカカオの粒が少し混ざったもの。
ここのバーは、厚みがなんと2cmもある(幅は4cm)。
チョコレート・バーなんだからかじって食べようと思ったが、これだけ分厚いと顎が・・・^^;
しょうがないので包丁で切って食べた。
顎が丈夫なら、これほど食べ応えのあるチョコバーは他にない。
味はさすがプラリュ、ビターでカカオ豆のざり感がおいしい。



Pralus


Pralus1



This Sunday is Easter. Everywhere is decorated by chocolate eggs as well as chocolate chickens or rabbits.

But I bought a simple chocolate bar for me.
It is a bar of famous Francois Pralus.
It is a bitter dark chocolate with "éclat de feve de cacao"(cacao beans nib(?)).
This bar is 2cm thick (4cm of withs), very thick.
I tried to bite this chocolate bar, but it was too thick for my jaw.
So I need to use knife to cut out to eat it...
The taste is delicious, as famous Pralus, dark chocolate with crispy feeling of beans.

« 犬の外耳炎 | トップページ | 朝焼けのエッフェル塔: Tour Eiffel »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/61390334

この記事へのトラックバック一覧です: Francois Pralus(フランソワ・プラリュ)のチョコレート・バー:

« 犬の外耳炎 | トップページ | 朝焼けのエッフェル塔: Tour Eiffel »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ