« アラン・デュカスのショコラ・マンディアン -Mendiants | トップページ | ブロゴーニュの赤 »

我が家で最も繊細な神経の持ち主

我が家のチベタン・スパニエルのタビィは雨が嫌いだ。
最近は湿気で察知するらしく、下に行くのもいやいや、門を開けても外に出ようとしない。
今朝も雨で、結局外には出なかったタビィ。
その後は晴れて、夜はぴょんぴょん元気に散歩したけれど。


小さい頃は雨でもちゃんと外に出ていたのだが、それは子犬であまり状況が理解できていなかったから、らしい。
しかし、歩みは普段よりのろく、その後お腹を壊していた。
・・・ということに気がついたのは、最近になってからだ。
子犬だからすぐお腹を壊すのだろうと思い込んでいた。
はっきり「嫌だ」と意思表示をはじめてから、無理に連れ出したらいやいや歩く途中でゲリゲリに^^;
雨と泥とゲリでべちょべちょになったため、しょうがなくバスタブに直行。
もちろん洗われるのも大嫌いなタビィ。
これで、がんとして出なくなった。
もう一度無理に連れ出したら、今度は食べたフードを戻した。
いわゆるトラウマというものだ。
そう、犬というのも繊細な神経をしている(犬もいる)のだ。
以降、無理はしていない。
この犬にスパルタは向かない。

というわけで、繊細な神経の持ち主タビィ。
犬らしく肉は大好きで、私が調理しているとうろうろと落ち着かないし、目が真剣になる。
ドッグフードなんて見向きもしない。
肉のおすそ分けを食べる勢いは早い。
が、これは一口サイズに切ってあってのことだ(しかもちゃんと噛んで食べる)。

今日は子羊。
肉のおすそ分けはもちろんペロリと平らげたタビィ。
初めて子羊の骨(いわゆるラムチョップの骨)をやってみたら・・・。
ぺろぺろとなめるだけ・・・。
そして、くわえて私のところに持ってきて訴えるような目で「なんとかして」。
しょうがないので、骨の隙間の肉を私がうまくほぐし取ってやった。
タビィがかじるのは木だけらしい。

絶対野生で生きていけないことは間違いない。
本当に怖いと震えるだけで、吠えもしない犬だ。
問題を起こす犬ばかりが話題になるが、こういう犬もいる。

I'm sorry but I don't have any energy left to translate today.
Next time...

« アラン・デュカスのショコラ・マンディアン -Mendiants | トップページ | ブロゴーニュの赤 »

パリの日々」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/61187332

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家で最も繊細な神経の持ち主:

« アラン・デュカスのショコラ・マンディアン -Mendiants | トップページ | ブロゴーニュの赤 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ