« レストランA.T. (Atsushi Tanaka) | トップページ | 月夜 »

レストラン KEI(ケイ)

ひょんなきっかけから、誘っていただいて突然行くことになったKEI(ケイ)。
本当に行ってよかった。
いろいろ(11皿?)食べた中で、特に印象に残ったものを。

Kei足つきでころんと丸く上がっているのは、アーティチョーク。
小さめの中に詰め物がしてある。
さっくさくの揚げ物。



Kei1キャビアが乗った甘味のある玉ねぎ。
キャビア食べたいなあなんて思っていたので、うれしかった。



Kei2これはRouget(ひめじ?)という魚だけど、ちょっと漬け干し風で大変面白かった。
ソースはブイヤベース風。



Kei3これは真ん中はオマールエビで、それもぷりっぷりで美味しかったのだが、何より美味しかったのはこのまわりのかぼちゃなどのソースだった。
とろんとしたポタージュ風で、これだけのスープがあっても食べたいくらい。



Kei4さて、今回誘っていただいた時に聞いていた「l"oreiller de la belle Aurore」という料理。
マクラにしては小さいが、二人でこれを分けていただいた。



Kei5分けるとこんな感じに。
マクラ風のパイ包みの中は、5種類の鳥のジビエ。
5種類、それぞれ別々に仕込み、最終的に焼き上げるのだそうで、大変手間がかかるという。
他にリエーブルやフォアグラも入っている、とっても贅沢なもの。
パイはとても軽くさくさく。
ソースもものすごくおいしい。
いっぱい食べた後なのに、突如食欲が復活しパクパクと食べた。
おいしいジビエは別腹。



Kei6デザートはミルフィーユ。
見た目大きいが、ものすごく軽いパイ。
ザクザクとしたナッツもおいしい。
ちょっとレモン風味。
あっという間に平らげてしまった。

幸せなディナーだった。

« レストランA.T. (Atsushi Tanaka) | トップページ | 月夜 »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

『Kei』は他の日本人のレストランとは一線を画し、独自(よりフレンチ)のスタイルを歩んでいるように思います。そこがこのお店の魅力ですね! りん子さんも食べたいと思っていたものが食べられて良かったですね!!

>かかっているソースも、すごく手が込んでいるんです。
下ごしらえすごいんでしょうね。
行けてよかったです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/60615429

この記事へのトラックバック一覧です: レストラン KEI(ケイ):

« レストランA.T. (Atsushi Tanaka) | トップページ | 月夜 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ