« インコ用ペレット: 小鳥のエサにニワトリのエサ | トップページ | Frederic Simonin(フレデリック・シモナン)−豪華ランチ »

朝焼け

Asayake朝焼け
先週撮ったもの。
どんどん日の出も遅くなって行く・・・。
こんな景色が散歩中に見られるのは、どのくらいの間だろう?



タビィはバッグのジッパーを開けるのは得意だ。
ちょっとした隙間に鼻を突っ込んで、ぐいぐいと開ける。
今朝はふと気がついたら、私の頭痛薬を引っ張りだしてカミカミしていた。
ものすごく驚いたが、ダメッと駆け寄るとくわえて逃げるので、何気なく「よしよし」と言いつつこっそり取り上げる。
ちなみにタビィ自身、バッグの中身を持ち出すと怒られると知っているので、最初から逃げ腰である。
アルミの包装が噛み破られているので焦ったが、そこは何でも味見して噛まないと食べないタビィ。
錠剤は全部床に散らばっていた。
普段は薬を飲ませるのに苦労するが、こういう時にはいい。

バッグに入れてあった錠剤の数を覚えておいたのが、こんな風に役立つとは思わなかった。
いやまあ、2度と引っ張りだしてほしくないものだが。

« インコ用ペレット: 小鳥のエサにニワトリのエサ | トップページ | Frederic Simonin(フレデリック・シモナン)−豪華ランチ »

パリの日々」カテゴリの記事

コメント

大事に至らずよかったですね。
うろ覚えなのですが 昔 動物のお医者さんという漫画で犬に錠剤を飲ませるのに
口を上向かせて(こじ)あけて 錠剤をぽいっと放り込み 上向いたまま口押さえて 額をごっつんとすると飲み込む、というのをやっていて 驚愕したことを思い出しました(笑)。

>本当に。

ちなみに薬の飲ませ方の基本はその通りです。
犬も猫も上を向かせ、つまり口−喉ー胃、まっすぐ一直線になるように、口をこじあけて放り込みます。
そうするとまっすぐ喉を抜けて胃に・・・。
ただ、現実は大変難しくて・・・達人はいるようですが。

ものを何でも飲み込むくせのある犬はけっこういるようで、前もTVでレトリバーにこの錠剤を1錠、と前に置いてやると、そのまま吸い込むように飲んでしまうのでした^^;。
飲ませたい時には楽ですが、誤飲は怖いでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/60429255

この記事へのトラックバック一覧です: 朝焼け:

« インコ用ペレット: 小鳥のエサにニワトリのエサ | トップページ | Frederic Simonin(フレデリック・シモナン)−豪華ランチ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ