« 朝焼け | トップページ | おみやげ »

Frederic Simonin(フレデリック・シモナン)−豪華ランチ

今回は土曜のランチ、だけれどもinspirationというシェフ、おまかせコースにした。
誕生日の前祝いに初めて会う人と一緒に。

最初はいつもの小さなフォアグラのベリーヌの突き出し。
シャンパーニュはPol Roger。
適度にできのいい

Simonin22まず出てきたのは、秋の味覚の代表、きのこのセップ。
肉厚のおいしいキノコ。
薄いラードが乗っていたが、これが脂のくせに軽く、いいうま味になっているのがびっくり。



Simonin23Chateuneuf du Pape Dom. Le Pointu cuvee Mathieu 2007
おまかせの場合、どんなのを頼むか難しい。
とりあえずメインは肉なので赤。
2004のローヌのいいのがあったので、目を付けたものの、ソムリエに意見を聞く。
そしたら、シャトーヌフデュパップのいい2007年がリストにはまだ載せてないけれどある、とのこと。
迷わずそれに。
黒い果実(ダークチェリーとかミュールのような)味たっぷり、ナツメグなどのスパイス、濃いけれどまろやかな美味しいワイン。
これ、もっと置いたらまた格別なワインになりそう。
2007はローヌの方は当たり年で、これより上のランクのはまだまだガチガチだそうだ。
ローヌは口当たりはまろやかだけれど、アルコールは高めなので、酔っぱらってしまう^^;。



Simonin24次に出たのはタラの仲間Lieu Jaune。
これけっこう肉厚だけれど、火の通し方もよかった。
下の緑はクレソンのソース。



Simonin25お肉は鴨。
一緒にカリンやぶどう、いちじくも入っている秋の味覚。
これも大変美味しかった。
付け合わせにパルメザン入りポレンタも1皿別に付いた。



Simonin26これは前デザート。
やわらかいいちじくのクリームにスペキュロスが乗っている。
スペキュロスの説明は→コチラ
実は今までちゃんと調べたことはなかったけれど、フランドル地方版の八つ橋みたいなものか。



Simonin27そしてデザートの本番。
ちょっと早めの誕生日祝い。
タルト・オ・シトロン。
これを切り分けて、おいしい南風シャーベット(オレンジフラワー&アーモンド&レモン)添えて提供された。
びっくりしたので、ロウソクを消さないというのを言われるまですっかり忘れて^^;

予約の際に頼んであったとかで、大変うれしい贈り物。
ありがとうございました!

« 朝焼け | トップページ | おみやげ »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

素敵な前祝いでしたね。
タルトもおいしそう♪
しばらくはないですが私に渡仏する機会が今後もしありましたら ぜひぜひ連れて行ってくださいね(^^)b

>思わずびっくりうれしかったです。
ぜひ一緒に行きましょう!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/60467750

この記事へのトラックバック一覧です: Frederic Simonin(フレデリック・シモナン)−豪華ランチ:

« 朝焼け | トップページ | おみやげ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ