« 土曜日は晴れ | トップページ | パッションフルーツ »

Clown Bar(クラウン・バー)

カフェの中の写真を撮るのを忘れたが、かなり古い建物で壁や天井にピエロの柄がびっちり。
天井は見るべし。
サチュルヌが昔からあるカフェを買い取って流行系に・・・というパターンらしい。
そのせいで、客の英語率高い。
サチュルヌかあ、1年以上行ってない。
その系列らしく、ワインは自然派ビオばかり。
小さなカフェ・バーのテーブルで、(写真ではわかりづらいが)小さな皿に盛られてくる。
外はモダンなフレンチの雰囲気で、中の厨房は日本人がいっぱい、というタイプらしい。
友だちが予約してくれたが、この時期でもいっぱい。
写真ではわかりづらいが、カフェ・バーということで、小さめの皿に盛られて出てくる。
料理は評判通りどれも美味しかった。



Clownフォアグラ。
組み合わせもいいし、おいしいフォアグラ。
夏でもちっともべっとりしてない。



Clown1友だちはルジェ(ひめじ?)とあさりの前菜。
これも火の加減がばっちり。



Clown2テーブルに引き出しが付いていて、フォークやナイフが。
これはいい。
ちなみにお気軽カフェ・バーなので、ナイフフォークは前菜・メインと使い回し。



Clown3ハト♪
足先がしっかり付いていて、ちょっとどっきり。
道ばたで頓死しているハトを思い出してはいけない。
で、味わいはすごくよかった。

Clown4友だちの取ったカモはパイ包み風。
見た目は大きそうだが、実は小さい。



Clown5シンプル&おいしいタルト・オ・シトロン。
さっぱりしていてハーブの香りが。


Clown6こちらはほうじ茶アイス。



・・・ところで「BIO」「自然派」と前面に押し出すワインって、どれも似たようなイマイチワインが多いんだろう?
これは素材であるぶどうはよくても、それを「ワイン」というものにする手腕・過程に問題がある、ということらしい。
つまり米や水はよくても、いい日本酒を作れるわけではない、ということか。
当たり前と言えば当たり前。
だが、それだけではなく「BIO」だと高く売れるので・・・という系もあると思う。

« 土曜日は晴れ | トップページ | パッションフルーツ »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

こちらのお店はとても人気のあるお店のようですね!
パリ在住のM井さんが、いつも一杯で入れないと仰っていた事を思い出しました。

話は変わりますが、銀座三越のドミニク・サブロンが撤退しておりました。
こちらのキッシュが美味しかったので、三越に車を停める時は結構買って帰りました。

>ドミニク・サブロン、おいしかったのに撤退してしまったんですね。
残念です。
まあ、高いと言えば高かったんですが(パリの店に比べると)。

Clown Bar、ちょうど先週末に友達が電話したら開いていたんです。
今週はバカンスだそうです。
入れてラッキーでした^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/60134061

この記事へのトラックバック一覧です: Clown Bar(クラウン・バー):

« 土曜日は晴れ | トップページ | パッションフルーツ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ