« 鼻 | トップページ | 赤ワイン »

大きな差

日本でイヌを飼っていると、寄生虫フィラリア予防が大切になる。
だが、パリではそんな話は聞かない。
調べてみたら、ヨーロッパではフィラリアは北の方にはいないのだ。
いないので、もちろん予防も必要ない。



TVで「問題なネコ、解決します」みたいな番組をやっていた(アメリカの番組らしい)。
トイレ以外のところで用を足す。
普段は何も問題ないけれど、突然激しく引っ掻いたり、噛み付いたりし、かなりのケガを負わせる。
ちゃんと爪研ぎがあるのに、カーペットやカーテンをぼろぼろにする、などなど。

ネコ専門の行動学者なる人が出てきて、いろいろアドバイスし解決していく。
そこには、ネコをしつけるという考え方は無い。
トイレが狭苦しいところにあり小さいので、ネコが落ち着けないからそこでしないので、大きいものをもっと広いところに置く。
噛み付いたりすると人間が去るとネコはわかったので、嫌なときうっとうしい時にやる。なので、そうされても「ガマンして逃げないようにする」と、効果がないとわかりそのうち止める(←血だらけ)。
爪研ぎは縦と横と好きずきなので、両方置いてやる。
遊ぶ時間が少ないと欲求不満がつのっていたずらをするので、もっと遊んでやるように、という具合だ。

つまり、そのネコの問題行動がどういうことに発端しているかをアドバイスし、「ネコに取って快適なよい生活空間を提供する」。

イヌの場合、もちろんイヌの行動を知り、イヌにあった空間提供は必要だ。
が、なにより「どうやってうまく従わせるか」という話がほとんどである。

どちらも世話は必要でも、イヌは人間に合わせ時に奉仕もするが、ネコには人間が合わせ奉仕するのだ。
これが決定的なイヌとネコの差だろう。

飼いネコの方がイヌよりも長生きなのは、当たり前のような気がする。

« 鼻 | トップページ | 赤ワイン »

パリの日々」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/59919228

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな差:

« 鼻 | トップページ | 赤ワイン »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ