« 週末のいろいろ | トップページ | 大きな差 »

月曜日は晴れた。
週末晴れてくれたらなあ。
外のスクリーンでサッカー観戦し、応援する人にはよかっただろうけど。
パリ市庁舎(Hotel de Ville)の前には大きなスクリーンが設置されたし(すごい人出だったようだ)。



Tabbie20犬の鼻をフランス語では俗に「Truffe(トリュフ)」という。
そう、あの「黒いダイヤ」とも言われる高級食材のきのこの一種、トリュフと同じ単語を使う。
タビィの鼻は「黒トリュフ(truffe noir)」となり、より一層高級感が増す(←ウソ)。



Truffe_noire_du_prigordこちらがホンモノの黒トリュフ(Truffe noir)。
画像はWikiにあったもの。

タビィの鼻面(はなづら)に似ているだろうか?

« 週末のいろいろ | トップページ | 大きな差 »

パリの日々」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

いきなりドアップが出現してびっくりしました(笑)。
鼻、そうね トリュフに似ているね。
画像のトリュフが、先週私の脇腹から切除されたほくろ(7ミリくらい)に激似で笑った。もちろんほくろはもうちょっときれいなまるでしたが。もしかしたらトリュフだったのかも・・・。惜しいことをした。

>ずいぶんおっきなほくろですね〜。
記念に写真撮ったんですか?
私の友達は軽い気持ちで唇の少し上のほくろを取ったら、すごくへたで傷跡が残ってショックだったと言っていました。
しばらくものを食べるのも大変だったそうです^^;

私のは所詮脇腹なので、多少痕は残るのですが、今までのように「引っかかる」よりはかなり勝手がよいのです。でも、顔は慎重にやってもらいたいですよねえ。
写真は撮らなかったです。撮ればよかったな、と今思いました(笑)。  

>その人は、オーストラリアにいた時に取ったんですが、別の事で医者にかかったら「それ(取った方が顔がすっきりするから)取れば?」と気楽に言われ、つい「うん」と答えてしまったそうです。
けっこう深くて、血はだらだら出た上、傷跡も少し残り、触ると感覚変で、後悔したそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/59906294

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 週末のいろいろ | トップページ | 大きな差 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ