« Pierre Herme(ピエール・エルメ) | トップページ | サイエンスとねつ造 »

夏至

今日は夏至。
一番日照時間の長い日。
そしてこちらはFete de la Musiqueの日。
オールナイトであちこちで音楽が聴ける。
天気もよく22度程度、人出が多い。
音楽でも聞きながら散歩と思ったが、人出に参って静かなところを歩いた。



タビィが殺鼠剤を誤って食べたのが5月23日、それ以来ずーっと投薬し続けて、今日土曜日も血液検査。
1ヶ月も薬を飲んでいるのだから、さすがにもうそろそろよくなるだろう。

ところで、一番最初のTabbieの血液凝固検査の結果は:11秒。
・・・11秒ってニンゲンだったら正常値なハズ。
ところが犬は7秒以下と短いそうだ。
この理由は赤血球の大きさが違うせいらしい。
犬は赤血球が小さめでたくさん、らしい。
血球、つまりツブツブが小さい方が塊になりやすい・・・ために早いらしい。

前回ついでに肝臓や腎臓の具合なども見てもらったが、これはすべて正常。
ニンゲンと比べると少しは数値が違うが、びっくりするほどではない。
ただ、どれも全体に幅がかなり広め。
これは、ニンゲンよりでかい大型犬も2キロくらいしか無い超小型犬も、犬種の違いも、年齢も気にせず全部まとめてあるからだろうと思われる。

血糖値はヒトも犬も同じほ乳類、同じと思っていい。
この辺、鳥類とはだいぶん違う。
鶏もインコも正常で血糖値が200mg/dlとかあるのだが、ニンゲンや犬なら即再検査&治療が必要だ。

ということで、タビィの採血を通して、少し勉強になった気がする。

« Pierre Herme(ピエール・エルメ) | トップページ | サイエンスとねつ造 »

パリの日々」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/59855199

この記事へのトラックバック一覧です: 夏至:

« Pierre Herme(ピエール・エルメ) | トップページ | サイエンスとねつ造 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ