« コンパスを持つ犬 | トップページ | レストラン・TOYO »

洗濯

あれから観察した結果、タビィのおトイレはクルクル真剣にまわっている時はほぼ南北だが、なにげに座り込む時は方位がずれる。
磁気はかなり乱れる時があるし、年々弱まっているというので、わからない時はクルクルしないんだろうか。
この磁気はどんどん弱まっていき、後1000年するとなくなってしまうというので、1000年後には犬はクルクルしなくなるかもしれない。
その後磁気がまた発生してくると、だんだんおトイレタイムにクルクルし始める・・・。
生きて確認できないのが残念だ。



金曜の夜、思い立ってTabbieの洗濯をした。
本当は3月にしたいと思っていたものの、タビィのお腹の調子がいまいちすぐれず、先送りしていた。
しかし、3月末に休日に往診してもらって、「大変よく効くが、大変痛くてどんな犬でも騒いで泣く」という注射をしてもらい、回復した後、お腹を壊していない。

かかりつけの獣医に行った時も、「アレは痛かっただろう」と言われたので、とっても知られた痛さらしい^^;
それなりの量をゆっくりと入れるので、注射の途中で暴れると針が抜けたり、それが変なところに刺さったり、犬が痛さに噛み付いてきたりと、余計大変なので、獣医も使わずに済むなら使わないんだろうと思われる。
(ここらは猫が相手でも大変だろう)
タビィがそれなりにおとなしかったのは、一晩中吐いてしかも下痢って、すでにへろへろだったからだろう。
そんな薬のおかげか、けろっと治ったタビィ。


金曜の夜だしワインでも開けようかと思っていた予定を変更し、バスタブにぬるま湯を張る。
タビィは水に濡れるのが大嫌いなので、風呂も大嫌いだ。
バスタブに湯が入ってないか確認したり、私がシャワーを浴びていると、水がかからないように避難する。
湯が張られているのを察したタビィは私から3mの距離を保っていたのだが、なんとかおやつとおもちゃでつって捕獲。
そのままバスタブに。
ぬるま湯なのだが、緊張で身体がこわばり、震え始めるタビィ^^;。
首から下をしっかりと濡らし、犬用のシャンプーで洗う。
顔と頭は、軽く濡らす程度にしている。

さて、大変なのはここから。
濡れた犬が水(湯)から出たら、どうなるか?
もちろん全身ブルブルブルッ!である。
でかいタオルですぐ覆うにせよ、少し外すとこちらも強烈なしぶきを浴びる。
しかも、みっちりとしたダブルコートをずぶ濡れにすると、全く乾いていかない。
でかいタオル2枚とドライヤーを使っても、1時間くらいしても乾いてない。
プロはそれ用の強力なのを使うんだろうな。
だいいち、タビィは逃げたくてしょうがないのだ。
逃がしたら、部屋中でブルブルするので、バスルームから逃げないように押さえつつ乾かすのは、かなりな重労働だ。
こちらも相当疲れた頃、ようやくだいたい乾く。


・・・さて、こうやって洗濯&乾燥している間、放鳥してあったアデル。
我が物顔で床をパタパタと「走り」回っていた。
我が家のアデレード/キアカクサインコは、走るのも大好きらしい。

« コンパスを持つ犬 | トップページ | レストラン・TOYO »

インコ・鳥」カテゴリの記事

パリの日々」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/59496330

この記事へのトラックバック一覧です: 洗濯:

« コンパスを持つ犬 | トップページ | レストラン・TOYO »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ