« 日曜日、そして、犬(タビィ)の避妊手術ー術後2日目 | トップページ | le comptoir du relais(ル・コントワール・デュ・ルレ) »

ダウンする犬と元気いっぱいのインコ、 犬(タビィ)の避妊手術ー術後3日目

昨日日曜日もいい天気だったが、今日月曜日も晴れ。
日曜日にマルシェで買ったアンディーブ。
もともとアンディーブは冬の野菜で、そこの店はホントに自分のところで育てたアンディーブを売っている。
(たとえマルシェ(市場)でも、何十種類も扱う野菜・果物屋さん、もちろん全種類自分で作っているわけではない)
これが見た目よりみっしりずっしり。
苦みも強め。
とたんに、アデルはものすごくよく食べる(美味しいらしい)。



朝一番で獣医に電話し、タビィの腹に貼ってある大きなバンドエイド状のものが剥がれてきたことを伝え、見てもらうことにする。
傷口をタビィが触って化膿すると困るからだ。

それだけのつもりだったが、昨日の夜からゲリぎみのタビィは今朝突然吐いて、食欲なし。
様子も少し変だ。
薬を飲むとゲリっぽくなるのと、今朝も飲むと吐いたことを伝えた。
熱の理由はわからないが、胃腸の悪さは薬のせいではないかと思ったからだ。

測ってもらうと、やはり熱がある。
しかし、傷口はきれいで、化膿したりはしてない。
というわけで、熱の理由はわからないが、薬はやめて数日は効く注射をしてもらった。
(これはもちろん別料金だが、その方がいい・・・)
そして、傷口をなめたり足で掻いたりしないように、上から服を着せてもらった。



Tabbie5これしかない、ということなのだが、これを後ろもキチッと止めると、お尻をバッチリカバーし、犬はトイレも行けなくなる^^;
ニンゲンのベビーじゃあるまいし、こんな服、どういう時に使うんだろう?



Tabbie6それにしても、実はかなりスリムなタビィ。
これでもかなりゆるい服。
暑そうだが、金曜日までの辛抱。

これで食欲が出て、元気になればよし。
しかし、私もすぐ熱が出るたちだが、犬もそういうことがあるんだろうか。



Adel1鬼の居ぬ間に洗濯。
タビィがダウン中、のびのび床の散歩を満喫中のアデル。
お気に入りの姿の映るゴミ箱に、鋭い突っつきや蹴りを入れるのが、楽しいらしい。

« 日曜日、そして、犬(タビィ)の避妊手術ー術後2日目 | トップページ | le comptoir du relais(ル・コントワール・デュ・ルレ) »

インコ・鳥」カテゴリの記事

パリの日々」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/59068425

この記事へのトラックバック一覧です: ダウンする犬と元気いっぱいのインコ、 犬(タビィ)の避妊手術ー術後3日目:

« 日曜日、そして、犬(タビィ)の避妊手術ー術後2日目 | トップページ | le comptoir du relais(ル・コントワール・デュ・ルレ) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ