« 今年2013最後のFrederic Simonin(フレデリック・シモナン) | トップページ | Jean Paul Hevin(ジャン・ポール・エヴァン)の・・・ »

散歩のクリスマス

Tabbie11ちょっと前の散歩中のタビィ。
タビィの写真を撮るのは難しい。
黒い犬は焦点が合わない上、カメラやビデオに突進して来るので。


クリスマスで祝日の今日、昨日までの土砂降りが収まり、晴れ間も見えた。
いろいろ考えた末、タビィと散歩デー。
朝の散歩ではモンジュ通りにあるカイザーが開いていたので、クロワッサンを買って帰る。
朝はノートルダムの前でも本当に人も車も少なかった。
午後、暖かいこともあって、けっこうな人出。
セーヌ沿いを歩いて、チュイルリー公園まで。
いろいろな犬と散歩中出くわして、タビィはその都度興味津々。
その中で日本人の女性が連れているジャックラッセルと出会う。
サイズがそれほど違わなかったので、いい遊び相手。
フランス語も上手な方で、10年以上経ってもへたな私とはだいぶん違う。
5区から歩いていたと言ったら、「まだ小さいのに、そんな遠くから」と、驚かれた。
ゆっくり歩いて往復で3時間弱、たまにはいいかと思っていた。

あまり考えたことが無かったが、タビィが歩かないのは、他のものに興味を示すからで、疲れて歩かなくなったことは無い。
広大な農場のような庭を持つ預け先でも、すごい勢いでやたら走り回っていた。

もしかしたら、5.5ヶ月にしては歩き過ぎ?
でも、次の日には間違いなく朝6時に起きて、元気いっぱい、散歩に行きたがるのだが・・・。
まあ、チベタンは足はしっかり丈夫な 「田舎風(rustique)」犬種なので別にいいんだろう。

さて、私も疲れたので、シャンパーニュを一杯飲んで休憩。
・・・のつもりが、キアカクサインコのアデルが水浴びを要求してバタバタ飛び回るので、水浴びさせる。
ごちそうのヒマワリ入り餌もやったし、けっこう充実した日だったはずのアデル。

それを見つつ、シャンパーニュ。
Philipponnat Brut Millesime Cuvee 1522 Grand Cru 2004

しっかりしたシャンパーニュ。
ピノ・ノアールとシャルドネの複雑で強い味わい。
ミネラルもたっぷり。
もうちょっと置いておいてもおいしくなる感じのシャンパーニュ。

« 今年2013最後のFrederic Simonin(フレデリック・シモナン) | トップページ | Jean Paul Hevin(ジャン・ポール・エヴァン)の・・・ »

パリの日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/58819378

この記事へのトラックバック一覧です: 散歩のクリスマス:

« 今年2013最後のFrederic Simonin(フレデリック・シモナン) | トップページ | Jean Paul Hevin(ジャン・ポール・エヴァン)の・・・ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ