« 歯が抜けた | トップページ | 今年最後の日の獣医 »

le comptoir du relais(ル・コントワール・デュ・ルレ)

相変わらずいつも混んでいる、オデオンの「ル・コントワール」。
来たのは久しぶり。



Comptoirメインに食べた、ブタのバラ肉に季節のモリーユ茸。

前菜はCarpaccio de tete de veau (←なんて日本語にするかわからないが子牛のゼラチン部分とほほ肉:私の一番好きなもの)を半分ずつして、メインだったのだが、かなりのボリューム&濃厚度。
この店はやや塩加減きつめだし、時おり味わいにばらつき有りだが、素材の質もよく、おいしいことはおいしい。
お隣の食べていたイカスミのもおいしそうだった。
外したのは、グラスで取ったワイン。
しゃびしゃびでまずいブルゴーニュ。
これなら一番安いヤツにすればよかった。


しかし、この時期フランス以外の旅行客ばかりで、周りはほぼ英語だったが、相変わらずいっさいフランス語以外のメニューのない店。
店員は英語できるけど。

« 歯が抜けた | トップページ | 今年最後の日の獣医 »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/58851427

この記事へのトラックバック一覧です: le comptoir du relais(ル・コントワール・デュ・ルレ):

« 歯が抜けた | トップページ | 今年最後の日の獣医 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ