« かじるの大好き | トップページ | 毛玉 »

子供の頃と違って

子供の頃と違って、ベッドから落ちることはなくなったが、はみ出して寝ていることは今でもよくある。
それが問題だったことはなかった。
しかし、チベタン・スパニエルのタビィが来てからというもの、はみ出している手にめざとく飛びついてきたり、ぺろぺろなめられることが増えた。

今朝、私はどうやら頭がベッドからはみ出していたらしい。
突如顔面を、ばしっと前足ふたつではたかれた^^;
飼い主を足蹴にしやがって・・・。
思わずはりたおしたくなったが、がまん。
起きることにする。

今朝は「4度」とかある中、散歩。
冬時間になって1時間ずれたため、前より朝明るい。
タビィは少しは歩くようになったが、やはり突然座り込みを決めることも多く、しかも、理由がよくわからない。
たぶん、オートバイやトラックの音、ニンゲンが走ったり歩いたりしているのが、嫌いなのだろうが。
今日は途中でやはり子犬を連れた散歩人に出くわしたが、どんどん先を歩いて行った。
以前うちで飼っていた犬も、とにかく前にがんがん進みたがったような記憶がある。
タビィのように注意深く周りを眺めたりしない。
それに、タビィは相変わらず外ではおしっこもうんちもしない。
帰った後、自分のトイレに行く。

フランスは犬のうんちは袋に拾い入れて、道路沿いにある公共のゴミ箱(袋)に捨てればよい。
また、あんまり変な場所(カフェの外の席とか)でなければ、道路でおしっこも自由だ。
(浮浪者なんぞも、勝手にあちこちでしてるし;)
なので、外でしてくれてかまわないのだが・・・。

« かじるの大好き | トップページ | 毛玉 »

パリの日々」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

お早うございます!たった今、フジテレビで「犬は飼い主に似る」というテーマで放送をしていました。最近の調査で「飼い主と犬の目は似ている!」との報告があるそうです。そもそも購入する際に、自分に似た犬を選ぶと言う傾向があるそうで、その辺りにも一因があるようです。果たしてすぽんたさんとダビィはどうなのでしょうか。。。

>人間も犬も子どもはみんな、きれいな輝いた目をしています。
どろんとしていたら、病気です。
あの輝き、たもてるといいんですけどね。
年を取ると、ダメになってしまうのは、やはり日光(紫外線)のせいでしょうか。

私はもっとイヌイヌした犬がよかったなあと、ちょっと思っています。
タビィはあんまり犬らしくない。
まあそれはそれで、とってもかわいいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/58485011

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の頃と違って:

« かじるの大好き | トップページ | 毛玉 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ