« 犬の初獣医 | トップページ | ビオフェルミンは欠かせない »

Frederic Simonin (フレデリック・シモナン)にて

誕生日祝い代わりに友だちとシモナンに。

シャンパーニュはVeuve Cliquout vinage 2002だったかな?
ワインは赤、Gevrey Chambertin Poissonet 2000 Dom Humbert。
ものすごくいい出来の赤。

前菜は2人で半分ずつ2皿。



Simonin57まずは、前回も大変美味しかった、中にフォアグラとトリュフの詰め物の入った大きなパスタ。
見た目も美しいが、大変おいしい。
ここからすでに赤ワインにばっちり。
非常に繊細な味わい。




Simonin58次にエクリビス(川エビ)。
これも火加減抜群で、軽くスパイシーな感じがめちゃくちゃ美味しい。
細いトリュフがかかっていていいアクセントになっており、非常にいい。
実はこっちを先に持ってくるんではないかと思ったが、こっちが後でも全然違和感なし。
でないと最初のトリュフ詰めの方の繊細さがわからなくなってしまうかも。
ただし、お酒から言うと、こちらはシャンパーニュが合う。




Simonin59メインは私はリエーブル(野うさぎ)。
濃厚な味わいだけれど、非常に丁寧な下ごしらえがしてあって、柔らかい出来上がり。
もちろん赤ワインとぴったり。
この頃にはワインは非常にいい感じだし、すごくよかった。
付け合わせのマカロニは軽くトリュフ風味で、別皿でもくれた。
またソースも好きに足せるようになっていた。




Simonin60友だちが取ったリ・ド・ヴォー。
これも大変美味しかったそうだ。




Simonin61デザートの前におまけのプレデセール。
上は軽いココナッツ風味、下にパッションフルーツとバナナのムース。
これいい感じの酸味で、ものすごく美味しかった。
サイズもちょうどいい。




Simonin62私はピスタチオのデザート。
王道っぽいデザートかな。
私はピスタチオのデザート大好きなので、幸せ。




Simonin63友だちは洋なしのデザート。
外側はショコラのドーム状。
暖かいショコラをかけていくと、溶けて行く。




Simonin64中のアイスが出てきたところ。
洋なしもたくさん入っていて、これもすごく美味しかったそうだ。

この後、コーヒーを飲んで幸せなおいしい時間は終わり。
今回はちょっと厨房を見せてもらった。
ものすごくきれいになっていて、びっくり。
毎回、ピカピカにするし、いくつかの食器は手洗いなのだそうだ。

幸せで美味しい時間。

« 犬の初獣医 | トップページ | ビオフェルミンは欠かせない »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

ブログを拝見していて、こちらも幸せになります。『Frederic Simonin』さん、パリに住みたくなります! 私はそそっかしくて投稿する記事の項を良く間違えています。

>matsujunさん
先日のコメント、そうだったんですね。
パリは楽しいところですが、住むとなるとどうでしょう?
驚くようなこと(トイレが壊れるとか)が日常茶飯事です。
時々、何でもすいすい運ぶ日本が恋しくなります。
どこも一長一短で、隣の庭は・・・みたいな感じです。

初めまして。
ここ5年ほど、ロムさせて頂きありがとうございます。
最近可愛い家族が加わって、楽しみですね。

ところで、このシモナン気になっておりまして、それと言うのも来春の渡仏の際に、妹の
誕生祝をパリのどこかでしたいと勘案中なのです。

目下、こちらで何度か拝見しているシモナンか、パリ初心者の妹にはべたなエッフェル塔か
といったところです。

ところで、HPなどではお値段の詳細が判らないのですが、差し支えなければ
お教え願えますでしょうか?
勿論他にお勧めなどありましたら伺えれば幸いです。

不躾にご無礼致しました。
今後も拝見させて頂きます、よろしくお願い申し上げます。

>はじめまして、さんしぇさん。
こちらこそ、ありがとうございます&これからもよろしくお願いします。

シモナン、私は大好きですし、美味しいです。
ただ、パリの景色を眺めつつ、みたいなのには向きません。
シンプルな内装です。

値段はディナーのアラカルト、前菜・メイン(魚か肉)・デザートで1人80−120ユーロくらいです(取るもの次第ですが)。
前菜は25−50、メインは40−70ユーロくらいだった気がします。
デザートは18−19ユーロです。

あまり考えたくなければ、Menu Petit Plusの85ユーロがおすすめです。
degustationはちょっと量が多いと思います。
もし小食であれば、アラカルトで前菜とメインを各自取って、(後で頼む)デザートは1つとって分けるなどの方法があります。

ワインは幅広くあり、私たちが取ってるのは店の中でも高めのものです(150−200ユーロくらいの)が、もっと安くても十分おいしいものはたくさんあります。
グラスでもいろいろあります。

そうそう秋から冬はレストランが混む季節なので、予約はしっかりして行った方がいいと思います。

フランスは日本より外食が高いので、悩ましいと思いますが、ぜひともよい旅&食事を楽しんで下さい。

また何か質問があったら、どうぞ。

とても懇切なご回答をありがとうございました。
予算になんとか収まりそうで安堵いたしました。^^
ムニュの設定などもあるのですね。
予約の件も心いたします。

私は普段一人で仏内を動くので、今回、同行者が
居る内にあちこち食べ歩きをしたいと目論んでおります。

お言葉に甘え、またお尋ねさせて頂きます。
ありがとうございました。

>フランスは外食が高い国ですよね。
それに1人で外食がしづらいのも欠点です。
Menu Petits Plusは端っこの方に書いてあるのですが、聞くとその日の内容を教えてくれます。前菜ー魚ー肉ーデザートが小さめで出るので、いいと思います。
もし苦手なものがあれば、交換も可能なので相談してみてください。
値段が抑えてある分、トリュフたっぷり系などはたぶん外してある可能性もあります。
聞いてから考えればいいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/58393923

この記事へのトラックバック一覧です: Frederic Simonin (フレデリック・シモナン)にて:

« 犬の初獣医 | トップページ | ビオフェルミンは欠かせない »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ