« 食器洗浄機ーMiele(ミーレ) | トップページ | Fish&Chips(フィッシュ&チップス):The Sunken Chip »

イヌとオオカミ

最高が25度くらいと、気持ちいい、かつ天気のいい日が続いているが、明日から暑くなるらしい。
まあ、2−3日なら30度になってもいい。
たまには一句。
「いわし雲、これがさいごの暑さかな」




イヌに遺伝的に最も近い生き物はオオカミである。
オオカミは、小さい頃から飼育すると、ニンゲンにも慣れる。
それでもオオカミとイヌと大きく違うところがある。

前足の届かないようケージの中にヒモにくくりつけたエサを置く、外に出ているヒモを引っ張ってエサをとる。
このような知能に関しては、(個体差もあるが)オオカミもイヌも両方ともできる知恵がある。
それでは、ケージの中にエサをくくり付けて、見えるけれど取れない状態にしたら?
オオカミは足を出したり果てにはケージを噛んだりして、何とか自分で取ろうと10分以上も格闘する。
ところが、イヌは一応一通りやってみてダメだとわかるとすぐあきらめる。
そして、つぶらなうるうるした目で飼い主を見あげて、「何とかしてくれ」と訴える。
・・・ニンゲンの使い方を知っているのが、イヌなのである。

この辺に関してはネコも同じで、エサなど自分が欲しい時は、やはり飼い主に訴えにくる。
ただ、イヌはニンゲンに奉仕もするが、ネコは要求のみするのが違いかもしれない。

ネコの場合「ネズミを獲る」目的で家畜化された経緯があるので、それが必要ない家では仕方がないとも言える。

« 食器洗浄機ーMiele(ミーレ) | トップページ | Fish&Chips(フィッシュ&チップス):The Sunken Chip »

パリの日々」カテゴリの記事

遺伝子・生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/58124749

この記事へのトラックバック一覧です: イヌとオオカミ:

« 食器洗浄機ーMiele(ミーレ) | トップページ | Fish&Chips(フィッシュ&チップス):The Sunken Chip »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ