« Frederic Simonin(フレデリック・シモナン) | トップページ | イヌとオオカミ »

食器洗浄機ーMiele(ミーレ)

十数年使っていた食器洗浄機がだいぶんうるさくなってきたので、買い替えることに。
今までのはSiemensというドイツのもの。
お店で聞いたら、製品の質として「トップがMiele、次がSiemensかBoschでこの2つは同じ、どれもドイツの会社でドイツで作っているのが最もよい」とのことだった。
電化製品の得意な日本だが、食器洗浄機や掃除ロボットでは現在のところ、全然ダメである。
こちらでは売ってもいないくらい、お話しにならない。
(日本製品がいいのはカメラ・ビデオ、TVなど、それに工事のいる備え付けタイプのエアコンで、他の家電は特に日本製がいいわけでもない)

さて、よいとされるドイツ製品、会社の名前だけでなく製作もドイツ製のものがよい、ということで、そのために値段は安くない。
(製作国が情報提示が原則なので、ちゃんと確かめて買った方がよい)
Miele(ミーレ)はドイツ製のものしか見たことが無い。
ちなみに、フランスではこのスペルが「はちみつ」と同じで、「ミエル」と呼ばれている。
ヨーロッパでは最も標準サイズ、横と奥行きが60cm、高さは台所に合わせて多少調節可能で81.5cmー85cmくらい。

今回はお店で、「Mieleのどこらへんがトップなのか?」を聞いてみた。
1:鍋やフライパンを置く下の水(湯)を噴射するプロペラ状のものがステンレスで、パワーが違うし悪くならない。
(多くはプラスチック。Mieleも上の方はプラスチック)
2:下のフィルターの構造が3重になっていて、質も全然違う。
これは非常に大切で、お湯を噴射した後、洗濯機のように水がまわってきれいにするわけだが、このフィルターで濾過されて、ゴミの類いは排除される。
これが雑だと、細かなゴミが一緒にまわるため、ガラスなどの食器を傷つけるモトになる。
クリスタルグラスを洗うのにも好都合。
(見せてもらって納得。うちの今までのと全然違う構造)
3:見た目は同じでも、かごなどの質が違いがずっと丈夫に作ってある。また、出し入れの時のスムーズさは格段に違う。しかもかごの中は倒せたり高さを変えたり調節ができるようになっているが、それが他社のに比べてずいぶんとやりやすい。(これは展示してあるのでやってみたが、軽くてびっくりした)
4:20年は問題なくもつとのこと。

・・・展示品で見せてもらいつつ説明を聞いた。
ホントに差がある。
前は2番目のでいいかとSiemensを買って使っていたが、Mieleがずっといいとわかる。

さて、もちろん値段も一番高いわけだが、古い型はだいぶん安くなっているし、外側の仕上げが高級ステンレスになってれば高いが、外が白い家電で中身は一緒のタイプもある。
というわけで、ネットでいろいろ比較。
SiemensかBoschのこれでいいかなと思うのより、200ユーロ、つまり2万円増になる機種に決定(999euros)。
搬送してもらって、以前のを回収し、新しいのを付けてもらうのも全部込みでの値段。
土曜にさっそく付けてもらった。


さっそく試運転したら、音は格段に静かで、寝る前にかけても平気。
食器を入れるかごは、慣れるのにいろいろ確かめたが、非常にやりやすく作ってある。
特に一番上のスプーンやフォーク、フライパン返しなどを入れるのは、洗ってそのまま置いときたいくらいだ。
終わった時にオートオープンするのも超便利。
かけっぱなしで置いておいても、乾燥する。
(これはうちの前のにはなかった。他の新製品にはもしかしてあるかも?)
鍋の焦げ付きの取れも前よりよくて、一発できれいに。

ちなみにこっちでは特に下洗いなどせず、食べ残しや骨などフォーク(とか箸)でゴミ箱に捨て、そのまま突っ込む。

これはおすすめ。
ただし、日本でも売ってると見てみたら、全く同じ製品が3倍強(35万)で売っていた;
う〜ん、それは高い。
(それでも、日本の場合、規格サイズがないのですべてビルトインになるため、高くつくらしい)
ただし、対抗馬になるのは無いと思う。

« Frederic Simonin(フレデリック・シモナン) | トップページ | イヌとオオカミ »

パリの日々」カテゴリの記事

コメント

いいなー。
日本のは 鍋やフライパンを洗おうという場面設定が さいしょっからないですからね。
もちろん洗うけど。
35万円は高いけど(日本製ならば例えばビルトインタイプでも25万で取り付け可能。そうじゃないのはもっともっと安い) フライパンも食器も一度で片付けられるなら それに越したことはない。10万多く出せば叶うなら ぜひ買いたいですね。
・・・ま、今無職なので(笑) 仕事に復活してしかも今使ってるのが壊れたら、ですが。

よく覗く お料理ブログの主様も確かドイツ製がよいと いって 書いておられました。

ちなみに 日本製でいいのが全くないわけでもないのだけど ホシザキっていう業務用の食洗機の会社の展開していた 家庭用は なかなか 使い勝手が良かったようですよ。
今は もう 家庭用から手をひいたそうで 手に入らないみたいですが。


>いや〜、買い替えてよかったです。
前のがうるさくなってきたのと、だんだん汚れの落ちが悪くなったので。
Mieleのはどれもドイツ製みたいです。
日本に合わせるためにどれくらい変更されているかは、ナゾですが。
サイズを書き忘れていたので、本文に足しておきます

さっそく シンクについてる食洗機を測ってみました・・・・
小さいです、ナチョナルいやナショナル。
奥行き以外 みんなダメ。っていうか 日本製がみんな小さいんでしょうね。
そりゃあ 鍋が入るわけないわ!!(笑)

>全部入るサイズいいですよ〜。
同じサイズのが35万のハズです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/58118267

この記事へのトラックバック一覧です: 食器洗浄機ーMiele(ミーレ):

« Frederic Simonin(フレデリック・シモナン) | トップページ | イヌとオオカミ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ