« ニワトリ・フェスティバル | トップページ | Marche(マルシェ)にミニ農場 »

Frederic Simonin(フレデリック・シモナン)

また行ったんですか?と言われそうだが、また行った。
ホントは来週から、メニューがぐんと秋ー冬向けに変わるのだけど・・・というところなのだが、新しいものあり。

ちなみにワインは前回飲んだChateau-Neuf du Papeの1996が、むちゃ好みの感じに熟成していておいしかったので、今回もそれ。
(その前に食前のシャンパーニュも。ここのはスッキリした感じのいいのを持ってる)


Simonin50テーブルの上の花。
同じテーブルも、昼と夜では雰囲気が変わる。
レストランに花は割と多いので、こちらの花屋はお店と契約することが多いんだろう。




Simonin51フォアグラ。
シンプルだけど、美味しい。
付け合わせの宝石みたいなのは、私は好きだが、好み別れそう。
これは1人分で、2人で分けた。




Simonin52もうひとつの前菜は、大きなカネロニのようなパスタに、フォアグラとセロリ、トリュフの詰め物。
トリュフは夏トリュフの最後、だそうだ。
これで半人前。
軽くて美味しい。




Simonin53これはイカ。
ちょうどいい感じに火が入っていて、めちゃくちゃ美味しかった。
下には大降りの白インゲンそっくりの豆煮、やや塩味濃い目の味付け、イカは素材の味のみ。
アクセントになっている柑橘系の味わいがイカとぴったり。




Simonin54お肉は子羊。
前回もおいしかったけど、これはおすすめ。




Simonin55デザートはひとつを羊乳のチーズのミルフォイユ仕立て。
これは本来チーズの代わりなので、まず出してもらった。
グリオットの甘味や酸味、チーズの独特のクリーミーな感じに酸味や塩味が非常にいい感じで合わさっていて、絶品。
これは大ヒット。




Simonin56これももう季節最後、の桃の宝石箱。
ホントはそういう名前ではないけれど、ホントにそんな感じで、サクパリの外側と桃、シャーベット、などが本当に美味しい。

というわけで、今回も「満腹満足」。
(日本語を習っている)友だちがこのモドキ4文字熟語が気に入ったらしい。
おいしいものでお腹がいっぱいで幸せ、というところ。

« ニワトリ・フェスティバル | トップページ | Marche(マルシェ)にミニ農場 »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/58291100

この記事へのトラックバック一覧です: Frederic Simonin(フレデリック・シモナン):

« ニワトリ・フェスティバル | トップページ | Marche(マルシェ)にミニ農場 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ