« 犯人は・・・ | トップページ | フロマージュ・ブラン »

グルテン・フリー?

最近、新しいケーキ屋が出来たなと思ったら、「グルテンフリー」と書いてある。
グルテンフリー??
お店に入って聞いてみたら、「小麦、大麦、ライ麦、その他麦の仲間を使わない」んだそうだ。
薄力粉なんてのがダメなわけだな。

アメリカで流行っているらしい。
もともとは本当にアレルギーで食べられない人のためのものだが、そうでもない人たちが全部麦抜きにして、わざわざ食べる。
特にアレルギーでもないのに、こういう片寄った食事をするのが好きな人が多いなあ、あの国は。

グルテン入りを日本の食品でいうと:
うどん、きしめん、そうめん、冷や麦
(蕎麦もつなぎには小麦粉を使うことも多い)
お好み焼き、たこ焼き、もんじゃ焼き
天ぷら、かつなどのすべての揚げ物の粉
すいとん
瓦せんべい
かりんとう
ぼうろ、その他、いろいろな郷土菓子
まんじゅうの皮
麦飯
麦茶
麦焼酎

・・・他にもまだまだありそう。
というわけで、それを食べないとなると、かなり選択肢が減る。
追加:しょうゆも原材料に小麦も使うので、グルテン入り(なので使えない)。麦味噌もダメ2013/07/21

洋食のパンやピザ・パスタ類、ケーキやクッキーはいうまでもなく、中華の麺や肉まんの皮なども、全部麦の粉を使っているグルテン入り食品だ。

というわけで、相当食べるものの範囲が狭まる。
そこで、アーモンド粉とか米粉とかで代用してケーキやパンを作るそうだ。
そば粉は使うので、そばアレルギーの人は要注意。

ところで、日本では多いアレルギーとしては「卵、乳、小麦、えび、かに」それに加えて、症状が重くなることが多く、生命に関わるとして「そば、落花生」の計7品は表示義務がある。
売られている食べ物を見るとこれらが含まれている場合には、少量でもちゃんと書いてあるはず。
(参考→厚生労働省のサイト

というわけで、日本にも小麦アレルギーもそこそこいるわけだ。
小麦アレルギーの人には便利だろう。
そのうち日本でもアレルギーでもないのに、グルテンフリー流行るんだろうか?

そうそう、ビールもちろん飲めなくなるので、「取りあえずビール」の人にはつらい流行かも。

« 犯人は・・・ | トップページ | フロマージュ・ブラン »

パリの日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/57807522

この記事へのトラックバック一覧です: グルテン・フリー?:

« 犯人は・・・ | トップページ | フロマージュ・ブラン »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ