« さくらんぼ、3種類 | トップページ | バルセロナの大聖堂 »

Garance (ギャランス)

最近話題になっているレストラン、Garance(ギャランス)。
7区のサンドミニク通りにある→レストランのサイト

アルページュにいた人が出した店。
そのせいか、固ゆでの根菜類(90年代後半頃、妙に流行っていた)、なんてのが出てくる。

料理はおまかせ(Degustation)。

Garanceアミューズは季節の豆のスープ。
アクセントの赤いのがフランボワーズというので驚いたけれど、いい感じの味わい。




Garance1ワインはRoumier Chambolle Musigny 2001
ルーミエのシャンボールなら美味しいに決まっている。高いけど。
2000と2001が同じ値段であったので、一応聞いてみたら、やはり2001を勧められた。
(2000年はイマイチな年だという評判だけど、意外と飲む機会が無い)
もちろん美味しかった。




Garance2ホワイトアスパラ。
キノコやパルメジャーノのムースたちがいいアクセント。
・・・ホワイトアスパラは炒めるより茹でた方が、甘味が出て好みなのだけど、まあここらは好みか。
ちょい繊維が残るのが苦手。




Garance3オマールとにんじんとオレンジ。
オレンジというのが驚きかな、でもとってもいい感じ。
これはかなり好き。
にんじんは実はこういう生は好きではないけど、ちゃんと食べた。




Garance4魚はLieu Jauneというもの。
見た目も味わいも「タラ」。
付け合わせの栗のピュレがいい感じ。
端っこにチビズッキーニがぽちっと。




Garance5肉は子羊(アニョー)。
これは焼き方がとってもふっくらしていて、大変美味しかった。
軽くアリサと呼ばれるスパイシーなのやマスタードの葉っぱがとってもいいアクセント。
これに確か根菜類がおまけに付いた(写真無し)。




Garance6デザートは2種類違うのを持ってきて、2人で分けてね、とのこと。
どちらもフルーツ系。
こちらは夏の果物、桃の皿。
桃のタルトとマンゴ(だったかな?)のソースにSureau(ニワトコ)のシャーベット。
ニワトコは花や果実を使うらしい。
このSureauのシャーベット、実はSeptimeでも出た。




Garance7もうひとつはルバーブとイチゴ。
ルバーブはセプティムでも出て、美味しかった〜。
ここの店のは、ルバーブもちょっと茹で方が固め・・・で、ちょい繊維が残る。

そんなわけで、ちょっとデザートはSeptimeを思い出すような形に。

お店は思ったよりも広い。
雰囲気はモダンで落ち着くが、サービスはイマイチかなり遅い。
最初の頃、「パンがない・・・」ままだったり。
(最初に出たミニバゲットはものすごく美味しかった。絶品)

割と広めな割にトイレはひとつなので、待たないといけない。
ちなみにフランスで初めて日本式のウォシュレットを見た。

デザートのせいかSeptimeに似た印象。
好みとしてはSeptimeだが、Septimeよりは予約が入れやすいのと、ワインの揃いはよくちょっとだけ高級感があるのがGaranceかな。
Septimeの方がビストロ、ビストロしている。

« さくらんぼ、3種類 | トップページ | バルセロナの大聖堂 »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/57700966

この記事へのトラックバック一覧です: Garance (ギャランス):

« さくらんぼ、3種類 | トップページ | バルセロナの大聖堂 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ