« Reglisse(れぐりす:リコリス)と梅干しアメ | トップページ | サン・セバスティアン番外 »

ビルバオ(Bilbao)

スペイン旅行の続き・・・忘れないうちに。

ビルバオで最も有名なのは、グッゲンハイム美術館だろう。
グッゲンハイム財団が運営する美術館で、ニューヨークにある方が有名か。

前に訪れた時の美術館は・・・:

Bilbao2011julyこんな感じだった(2011年7月)。
美術館前のカラフルなジェフ・クーンズの「パピー」。



今回訪れた時のグッゲンハイム前は・・・:
Bilbao妙に「パピー」が黄昏れてるというか、じじくさくなっているような^^;?
どうしたんだ、パピー;
ここを初めて訪れた友人曰く「ずいぶん地味」。
確かに。




ビルバオ郊外にある世界遺産ビスカヤ橋にも、今回も行った。
気にっているのだ。

Bilbao1これがビスカヤ橋。
見ていて飽きない(←それは私だけ;)
前回は動いてなかったエレベーターも発見。
上を歩いている人も発見。
前回訪れた時は天気が悪かったせいだろうか?

すぐ海岸に達する川沿いの道は、みんなの散歩コース。
この日は天気がよかったので、海岸で焼いている人もいっぱいいた。
それにしてもこっちは普通の海岸でもトップレスのセミヌードの人がけっこういる。




Bilbao3町中を歩いていて入ったお店で、絞り立てのオレンジジュース。
絞り立てが普通で、しかも安い、おいしい。
このお店はクッキーをおまけに付けてくれた。



Bilbao2ハモン・イベリコ。
こういう風にそぐように切ってくれる。
塩漬けになりそうだ、などと言いつつ、しっかり買って帰る私(笑)。
パリに比べてずいぶん安いし、十分美味しい。
それにパックしてあるより、切り立ての方がなぜかおいしいのだ。
パリまでくらいなら、別に真空でなくてもこのまま包んでもらって、飛行機で帰れるし。
何よりハードパンはパリの方が格段にうまい店がある(スペインのはみなスカスカしている)。
保存できるパックのも買ったけど。

写真は撮り損ねたけれど、牛乳の販売機なるものも見た。
ボトルに自分でジャーッと牛乳を入れて、買うのだ(ボトルは洗って使い回せるので、中身だけの値段)。
最近わざわざいちいち買う人は減ったけど・・・とのこと。

後もうひとつ行ったレストランを紹介してサン・セバスティアン&ビルバオの旅は終わり。
2011年に行った時の方が全体にもっと活気があって、美味しかったような・・・? 気のせいかもしれないけれど。

« Reglisse(れぐりす:リコリス)と梅干しアメ | トップページ | サン・セバスティアン番外 »

フランス国外の旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/57328599

この記事へのトラックバック一覧です: ビルバオ(Bilbao):

« Reglisse(れぐりす:リコリス)と梅干しアメ | トップページ | サン・セバスティアン番外 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ