« Martin Berasategui(マルティン・ベラサテギ) | トップページ | サン・セバスティアン »

サン・セバスチャンのバル

サン・セバスチャンはタパス(ピンチョス)でも有名なところ。
バルにはいろいろな小さな料理がある。
料理のサイズや値段は店によってまちまち。
最近はかなり日本語情報もネットで得られる。



Barハモン、イベリコ


Bar1ウニ


Bar3ギンディージャとかいうシシトウみたいなもの


Bar2たこ


Bar4イカ


Bar5チーズケーキ

新鮮な素材を簡単に調理したものが多い。
基本はおいしい。
・・・が、いくつかの写真では、上に白いツブツブが乗っているのが見えるだろうか?
これ、塩。
海の幸はもともと潮の塩分があるのに、なおかつ塩は私にはきつい。
塩抜きならもっといいのだが、スペインではこれが標準。
塩抜きで後で自分でかけるようにしてくれると助かるんだけどなあ。

全体に値段も安いし、何よりグラスワインが1ユーロちょっとなので、酒好きにはいいと思う。

« Martin Berasategui(マルティン・ベラサテギ) | トップページ | サン・セバスティアン »

フランス国外の旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/57276407

この記事へのトラックバック一覧です: サン・セバスチャンのバル:

« Martin Berasategui(マルティン・ベラサテギ) | トップページ | サン・セバスティアン »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ