« 西だけが残った | トップページ | Lalique(ラリック)の香水 »

Qui plume la lune(キ・プリュム・ラ・ルンヌ)

ちょっと違ったレストランに行きたくなって、行ったのがQui plume la lune(キ・プリュム・ラ・ルンヌ)。
お任せコースのみで、何品セットがいいかで値段が変わるタイプ。
今回は真ん中の4品コース。
レストランは奥に細長く続くうなぎの寝床のような構造。
入った時に思ったよりは、席数が多い。

オリンパスのカメラを忘れたので、Sonyのサイバーショット。
席が暗かったので、写真も暗い。


Quiplumこれはアミューズ(皿数に含まれてない)。
柔らかいカニの入ったスープ。
おいしい。

ちなみにこの店のパンは「Du pain et des idee」のPain des amisというおいしい田舎パン。

ワインは赤、南仏、MadiranのCh. Montus 2005。
これ、かなりガッチリしたワインで、デカンタしてもらっても濃かった。
かつてはかなりおトクな価格のワインだったけど、今はどうだろう?




Quiplum1しいたけとエスカルゴが入ったお皿。
これ、一番好きだったかも。
この組み合わせ、いい感じだった。
しいたけはそこらで売ってる食材ではないので、きっと特別なところから仕入れたんだろう。




Quiplum2これはお魚。
ぷりぷりした白身。
スープは「ダシ」味。
ちょっとスープダシの味が濃すぎた・・・。




Quiplum3次はフォアグラ、おすし風♪
でかい石版の上に乗ってきた。
ちょっと甘めの味付けだが、おいしい。




Quiplum4お肉はハト。
ハトは好きなのだが、こちらもちと甘えのソース。
甘いソースが続いて、ちょっとくどく感じられたのが残念。
その前のフォアグラのソース、かなり甘めだったから。




Quiplum5というわけで、デザートではなくチーズを選択。
お店としてはデザートの方がおススメなような雰囲気ではあったけど。
でも、このチーズかなりいいセレクション。




Quiplum6カフェとプチフール。
このお菓子たち美味しかったから、デザートもおいしいんだろうと思う。


お店の雰囲気もいいし、常連も多い感じのお店。
味はこのお店のクリエイティブな感じで組み合わせもいい。
全体にやや味は濃いので酒好き向きかも。
ただ、サービスが妙に遅い。
人はいるのに、なんだか遅い、というのがちょっと気になった。

« 西だけが残った | トップページ | Lalique(ラリック)の香水 »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/56684950

この記事へのトラックバック一覧です: Qui plume la lune(キ・プリュム・ラ・ルンヌ):

« 西だけが残った | トップページ | Lalique(ラリック)の香水 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ