« 2重国籍 | トップページ | Qui plume la lune(キ・プリュム・ラ・ルンヌ) »

西だけが残った

今日は雨がざあっと降ったと思ったら、晴れたりと変な天気だった。
週末までの天気はどこへやら、暖かいし。

さて、ちょっと前までバイオロジーの世界では、「サザン」「ノザン」「ウェスタン」というのが、最もよく使われた手法だった。
東のイースタンだけは無いんだな、と思ったものだ。
一番最初の手法が「サザン」で、これはSouthernという名前の研究者が、考案・開発した手法だからだ。
これはDNAを見るための手法。
そして、RNAを見る「ノザン」、タンパクを見る「ウェスタン」が出来た。
この命名は、「サザン」にひっかけたもの。

このうち、サザンやノザンはもうほとんど使われない。
今でも変わらず頻繁に使われるのは、タンパクの「ウェスタン」のみ。

実は私はこの手のフィルムや膜を使う方法が好きではなく、いつもイヤイヤだった。
できるだけモノはPCRで確認する。
なので、qPCRとか出来た時は喜んだものだ。
が、タンパクを見るウェスタンのみが残っている。
しかも、これがまた抗体次第でうまくいったりいかなかったり。
抗体がいいかどうかは測定する方法はなくて、染まるか染まらないか、にかかっている。
市販の抗体はどれもうまくいかないが、ウチのラボで作った抗体でのみ動く、なんてのがタンパクの世界は有りなのだ。
しかも、抗体を作り直すと効きが違う(ーー;。
これはウェスタンだけでなく、組織の免疫染色などもそうなのだが。
というわけで、イヤでイヤで仕方ないのだが、他に方法が無い。
誰かいい方法見つけてくれないかなあ。
組織はともあれ、せめてウェスタンの代替テク、求む。

« 2重国籍 | トップページ | Qui plume la lune(キ・プリュム・ラ・ルンヌ) »

パリの日々」カテゴリの記事

遺伝子・生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/56664377

この記事へのトラックバック一覧です: 西だけが残った:

« 2重国籍 | トップページ | Qui plume la lune(キ・プリュム・ラ・ルンヌ) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ