« 暖房とピンクペッパー | トップページ | バラの季節 »

クレープ屋でガレットを

クレープ屋はCreperie(クレープリー)といって、屋台もあればちょっとした食べ物屋さんみたいな店もある。
日本のお好み焼き屋に雰囲気は近い。
お好み焼きと違うのは、ハムやチーズを挟んだ食事系クレープもあれば、甘いデザート系もあるところ。
この食事系クレープを「Galette(ガレット)」「Galette Breton(ガレット・ブルトン)」という。

Galetteということで、友だちと軽くこのガレット。
私のはモンビエールというソーセージがいっぱい、中にはマッシュルームたっぷりのガレット。
友だちはスモークサーモンとクリームのガレット。
このお店はCensier-Daubentonの近くのLe Pot O'Lait(ル・ポ・オレ)という店。
初めて入ったけれど、ガレットが薄くパリパリッとしていて、軽い感じ。

お店は子連れの家族でいっぱい。
日曜祝日も開いているともっと活用できるのになあ。

« 暖房とピンクペッパー | トップページ | バラの季節 »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/54815949

この記事へのトラックバック一覧です: クレープ屋でガレットを:

« 暖房とピンクペッパー | トップページ | バラの季節 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ