« Terroir Parisien | トップページ | Cartier »

ヤニックアレノ氏のビストロ

今日は初夏のような陽気だったが、明日からどんどん冷えて来週は寒くなるらしい。

さて、昨日行ったTerroir Parisien(テロワール・パリジャン)は、オープンしたてほやほやのお店。
モダンな店内。
アレノ氏のレシピ本が飾られていた。
かなりいい感じの写真の美しい本だった。

お店には1人日本人がいて、最初まだ客のいない間少し話ができてよかった。
連日満席で、すごく大変だそうだ。
コクリコのシロップ入りのキールやキールロワイヤルが美味しいですよ、といわれたが、シャンパーニュ自身おいしかったので、シロップを別でもらった。
これがすごくおいしくて、後で入れてキール・ロワイヤルにして飲んだ。

お隣の席の夫婦が非常にフレンドリーなフランス人夫婦で、こちらが英語でしゃべっていたら、英語で話しかけてきた。
(こういうことは非常に珍しい。たいてい話しかけてきてもフランス語)
「この出来たばかりの店のことをどこで知ったのか?」と聞かれたので、私はインターネットのブログ(→コチラ)で見たし、友だちはニューヨークタイムズの記事になっているのを読んだと、答えた。

昨日はとりあえず写真だけアップした。
友だちを待つ間にハムやパテの盛り合わせ(シャルキュトリーの盛り合わせ)を取ったら、それがけっこうボリュームたっぷりで、しかも美味しかった。
昨日の写真では隠れているが、ブーダンなんかも乗っていた。
フランスのパテやハムはおいしい。

これでけっこうお腹がふくれたので、直接メインに。
私の子羊の煮込みみたいなのも、柔らかく美味しかった。
友だちの取ったシューファルシ(ロールキャベツのフランス版)は、キャベツより中身が多い感じの、しかも柔らかくしっとり。
かなり満足。
デザートはサントノーレの変形版、Saint Victor(サンヴィクトール)←お店のある道の名前。
軽いクリーム、さくさくのパイがいい感じ。

食べているうちに店は満席で、店員さんは大変そうだった。

« Terroir Parisien | トップページ | Cartier »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

いつもひっそりと寄らせていただいております(笑)。
シャルキュトリーは「ジル・ヴェロ」製だそうです。
りんこさまのおいしい、に期待が高まります。
来週行ってまいります!

>photoquiritさま、
こちらこそいつもブログ楽しみに読ませていただいています。
そうですか、Gilles Verotだったんですね。あそこの Fromage de teteなんてすごくおいしいのですが、最近あまり行ってませんでした。
料理は至ってシンプルです。
もう少しして落ち着いた頃、また行きたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/54239811

この記事へのトラックバック一覧です: ヤニックアレノ氏のビストロ:

« Terroir Parisien | トップページ | Cartier »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ