« ベトナム料理、ボブン | トップページ | 夏の気候、毎日太陽がさんさんと »

le Gaigne(ル・ゲイニュ)

なんだか日本の雑誌にも載ったとかで、最近日本人客も増えているという「le Gaigne」。
サイトは→コチラ
今回確かに日本人グループがいた。
行くレストランが有名になるのはうれしいけれど、ちょっと驚き。
いつもの月代わりのデグスタシオン、42ユーロ。


Gaigne9_2
まず、最初の前菜は貝。
Couteau(刀)という名前の長細いマテ貝。
これがけっこうおいしい。
他にも貝入り、それに春のえんどう豆も。


Gaigne10
初夏の陽気だし、メインの肉もうさぎだし、ワインの方は今回白に。
Auxey-Duresses Leroy 2007
エレガントな口当たりだけれど、けっこう余韻の長い、パワフルな白ワイン。
香りも最初の味わいも青りんご。それにハチミツ、それにミネラルもたっぷり。
少し経つとナッティな感じに。


Gaigne11
2番目のアントレーはモリーユ茸(アミガサタケ)に変えてもらった。
アスパラもモリーユも春から初夏のもの。
こちらもすごくおいしい。


Gaigne12
魚はMaigre(メーグル)。
この魚、フランスではよく使われて、ニベの仲間という。
ただ、日本のものとはまた違うらしい。
もともとヨーロッパ辺りで採れる魚を、日本近海のものと比較するのがムリなのかも。
あっさり味。
添えてある野菜とともに写真に撮ったら、長細〜い感じに。


Gaigne13
肉はうさぎ。
タプナードが使ってあって、ちょっと南のような雰囲気のお皿に。
こちらもおいしく、ワインともぴったり。


Gaigne14
いつも頼んでしまう、チーズ。
ここのはふかふかにしてあって、これがなかなかいい感じ。
普通のチーズだとどうしても重くて食べられないけれど、これだとおいしく。
今回はカマンベール。


Gaigne15
そして、デザートはマカロン。
たっぷりのイチゴに、ミント、レモンとさわやか。
残念なことに、私のマカロンは妙にしけったように固くて残念。
味はすごくおいしかったのに。

なんだかんだで、友だちはイチゴのリカーも飲んで、楽しい食事を満喫。

« ベトナム料理、ボブン | トップページ | 夏の気候、毎日太陽がさんさんと »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/51448521

この記事へのトラックバック一覧です: le Gaigne(ル・ゲイニュ):

« ベトナム料理、ボブン | トップページ | 夏の気候、毎日太陽がさんさんと »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ