« Frederic Simonin(フレデリック・シモニン) | トップページ | マイナスの日 »

うなぎの稚魚

ホントに冷え込んでいて、朝9時半になっても外は「−4度」。
出かける気力が^^;

先週の日曜日に日本からちょこっと友だちが来た。
仕事の都合で数日滞在で、時間があったのが日曜の夜だけ。
そんなわけで行ったのが、オデオンのLe Comptoir du Relais(ル・コントワール・デュ・リレ)。
この店、総じておいしいのだが、たまになぜかやたらしょっぱい時がある。
アレッと思うと次の時はそんなことがない。
・・・ので、誰かやたら塩を入れたがる人がいるらしいのだが、今回はそんなことはなく大当たり。


そこで食べた特別に手に入ったという「うなぎの子ども」。
うなぎの稚魚は捕獲・輸出制限されているハズだから、確かに珍しい。
スペインなどでもよく食べるが、昨今はイミテーション(カニカマの細いのみたいなの)が一般に使われている。
パッと見はよく似ているし、同じ名前で売っている。
これはこれでおいしいのだが、しょせんカニカマの細切り。


というわけで、今回のは初挑戦の本物。
Comptoir
・・・ちゃんと顔があって、つぶらな目が付いている。
スペイン産のソックリ商品とは、当然ながら味わいも歯触り・舌触りも全然違う。
ぷりぷりっとして、味は思いのほか、さっぱり系。
骨が中に入っているのもわかる。
シラウオとはまた少し違う味わい。
おいしい。けど、普通のうなぎの方が好きかな。


こういう稚魚はアジアにも輸出されていて、成長させてうなぎとして日本の食卓にも上っているそうだ。

« Frederic Simonin(フレデリック・シモニン) | トップページ | マイナスの日 »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/50733558

この記事へのトラックバック一覧です: うなぎの稚魚:

« Frederic Simonin(フレデリック・シモニン) | トップページ | マイナスの日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ