« インパクト強い | トップページ | 近視の社会保障(フランスの場合) »

サラミとスモークサラミ?

いわゆるサラミみたいなもののことを、フランスでは「Saucisson」(ソシソン)という。
おおむねブタ製品だが、鴨肉で作ったりすることもある。
ピスタチオ入りとかクルミ入りとかもある。
スーパー製品はイマイチだが、農家の作ったものなんていうものの中には、かなりおいしいものもある。
特にフランスも中央の海から離れたあたりはおいしい。

マルシェ(市場)で、ひさびさにふとのぞいていたら、「Saucisson fume」(ソシソン・フュメ)というのがあった。
Fumeとは、スモークという意味で、スモークしたソシソン(っていうかサラミみたいな食べ物)。
サラミとかソシソンって、スモークして作るのかと思っていたので、お店の人に聞いてみた。
結局のところ、普通のスシソンは「乾燥」させて作る、という。
ソシソン・フュメはその乾燥の代わりに、低温スモークしたものだ、と。

・・・干物とスモークの違いのようなものらしい。
そう考えると、わかりやすい。
日本の干物は魚を干したものだが、半生っぽいものから、完全にひからびるほど乾燥させたものまでいろいろある。
こちらのソシソンにも、生っぽいものから、乾燥をかなり進ませたものまでいろいろある。
そして、スモークサーモンがあるように干物とは少し違って、薫製にした魚がある。
ソシソン・フュメは、その薫製品にあたる。

で、説明とともにしっかり味見もさせてくれたのだが、スモークの方が香りも味も少しいい。
より味わいが濃く出ているというか。

日本のサイトで見ると、湿度が高いせいかただ乾燥させるより、スモークの方が調整しやすいらしく、そっちの方が多いように見えるけど。

それでも、フランスのものと日本のものではまた味も違う。
機会があったらお試しあれ。

« インパクト強い | トップページ | 近視の社会保障(フランスの場合) »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/48581033

この記事へのトラックバック一覧です: サラミとスモークサラミ?:

« インパクト強い | トップページ | 近視の社会保障(フランスの場合) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ