« ロリン・マゼール指揮、ウィーンフィル | トップページ | マグロはマグロでも。。。 »

ひな祭りと海藻のもどきキャビア

今日は、3月3日。
ニホンでは「女の子のお祝いの日」だと言ったら、何を祝うんだと聞かれた。
女の子がすくすく元気にリッパに成長しますように、と願う日。
人形を飾ったり、特別なお菓子を食べたりする。
・・・そう簡単に説明すると、納得したような、不思議そうな。
ついでに、5月5日は今ではこどもの日だけど、ムカシは3月3日に対抗して、[男の子のお祝いの日だ」というと、やっぱり何を祝うんだという。
男の子がすくすく元気にリッパに成長しますように、と願う日。
人形を飾るけど、サムライみたいに甲冑とかで飾っていて、特別なお菓子を食べる。
「また特別な食べ物があるの?」
そりゃあ、コドモの喜ぶものと言えば、ゲームかお菓子に決まっておろう。
今時の子供は常時あふれんばかりにまみれてるかもしれないが、ムカシはそういうものは特別な時しかなかったのだ。

「ところで、その祝いは何かの宗教に関係したもの?」
たぶん、全然関係なかったハズ。
そういう意味では昔からあまり宗教色のない国だ。
説明すればするほど、けっこう変わった国かも。

話はころっと変わって、前に書いた「もどき食品」。
この商品にキャビアという言葉はひと言も無いが、どう見てもそれに似せて作ったんだろうと思われる商品、「Perles des Algues」(海藻の真珠)。

Perlesalugues

今回、けっこううまく撮れたと自画自賛の、えびとにんにくのパスタに海藻真珠乗せ。
このパスタ「Orecchiette(おれきえって)」という名前。
海藻の黒い真珠はほんのり海風味の塩味で、ちょうどいいアクセント。

« ロリン・マゼール指揮、ウィーンフィル | トップページ | マグロはマグロでも。。。 »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/47720300

この記事へのトラックバック一覧です: ひな祭りと海藻のもどきキャビア:

« ロリン・マゼール指揮、ウィーンフィル | トップページ | マグロはマグロでも。。。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ