« 犬の主張、人の都合 | トップページ | le comptoir du Relais(ル・コントワール・デュ・ルレ) »

シーフードレストラン、RECH(れっしゅ)

レストランRECHは、ホントはすごい老舗なのだそうで、それをアラン・デュカスが買って気軽でおいしいシーフードのお店に。
サイトはコチラ
英語もばっちり通じるが、最寄りの駅Ternes(テルヌ)からはちと距離があるので、旅行客には不便かも。
私も行くのは初めて。
それほど寒くないし、天気も悪くなかったので、歩くのは苦にならず。

今回、生ガキは食べなかったけれど、まわりでたくさん食べている人がいて、おいしそうだった。

Rech1
アペリティフにアラン・デュカスプロデュース(?)のシャンパーニュ。
味はまあ普通だが、入って来たグラスがおもしろかった。
グラスの柄のところまでシャンパーニュが入っている。
最初に持つと、ひんやり冷えているのがよくわかっておもしろい。
ワインはグラスやカラフ(450ml)、ハーフボトルにフルボトルと、けっこう豊富に取り揃えている。
今回はそんなに飲むメンバーではなかったので、グラスワインを各自一杯ずつ取った。
アルザスのリースリングを取ったのだが、食事にぴったり。
友達の取ったRullyも、華やかりんごやマスカットのようなかおりと、すっきりした飲み口でよかった。


Rech2
Muletというボラの仲間のカルパッチョ(刺身)にウニ添え。
あっさり淡白で、ウニと合わせて食べるといい感じ。


Rech3
とっても大きな舌平目のムニエル。
一匹を2人で分けたもの。
肉厚でぷりぷり。
バターソースともぴったり。

付け合わせの野菜は3種類から選べて、かわいい器に入って出てくる。
こちらもとてもいい味。
とっても満腹になったので、デザートはひとつを3人で分けた。


Rech4
これ一人前のエクレアなのだが、普通の3倍以上ある大きさ。
皿からはみ出してるし。
ずっしり重くて、中にしっかりクリームが詰まっている。
いくらフランス人でもこれ1人1個は多いのでは?
他のデザートもけっこう大きめらしい。

店員も気さくだし、家具は古くからあるアールヌーボーで、食事もおいしいし、いい感じ。
近くだったら、もっと通うと思われる。

« 犬の主張、人の都合 | トップページ | le comptoir du Relais(ル・コントワール・デュ・ルレ) »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/47498775

この記事へのトラックバック一覧です: シーフードレストラン、RECH(れっしゅ):

« 犬の主張、人の都合 | トップページ | le comptoir du Relais(ル・コントワール・デュ・ルレ) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ