« お昼はタルティーヌ | トップページ | マロンのチョコ、マロニー(marroni) »

アンドゥイユ

モツ好きにはたまらない一品、だけど嫌いな人には受けつけられないであろう、Andouille(アンドゥイユ)。

Anduille
きれいなうずまきが食欲をそそる。
腸の腸詰め。
アペロ(つまみ)に最適。

Andouilllet(アンドゥイエット)はグリルして食べ、Andouille(アンドゥイユ)は薫製になってるのをサラミみたいにスライスしてそのまま食べる、ことが多いと思う。
モノ自身は一緒で、サイズが違う(後者の方がでかい)だけ、という気もするけれど。
この手の内臓ものは、それこそ質や鮮度がすべて。
今回買ったのはとってもよかった。

苦手な、嫌いな食べ物というのは誰にでもあるだろう。
苦手だとことさら、そのにおいや味がイヤなものだ。
関東の方で混雑する朝の通勤電車の中に納豆のにおいが充満していた事があり(食べた人の口臭だろう;)、気分が悪くなり、それ以来ダメ。
(それまでは好きではないが一応食べられた)
朝からあんなにおいのきついものは・・・;
なんで納豆みたいにくさい、すごいにおいのするものが平気で、チーズやモツがダメなのかと思ってしまう。
モノの好き嫌いだけは、ホント理屈じゃない。
その人の嗜好のみ。

好きなら少しあぶってみても、とってもうまい。

« お昼はタルティーヌ | トップページ | マロンのチョコ、マロニー(marroni) »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

これー すごい食べてみたいーーー。

>Aさん、どもども。
おいしいですよ〜。
けっこうあぶらもたっぷりで(笑)。

ポイントはきれいなぐるぐるうずまき。
初めて見た時はちょっと感動しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/46765567

この記事へのトラックバック一覧です: アンドゥイユ:

« お昼はタルティーヌ | トップページ | マロンのチョコ、マロニー(marroni) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ