« フランスのGrippe A(グリップA)ーワクチンを打つようになったフランス | トップページ | チーズvsチーズ »

フランスのにんじんは好き

食べる事が好きな私だが、実は多くの野菜が苦手。
特ににおいの強いもの、青臭いもの。
日本ではごぼう、しゅんぎく、こっちではセロリやフヌイユ。
家庭料理では大量に野菜を食べるフランス人。
サラダや煮込みや豊富だ。

ただ、見た目も名前も同じで、ぐっと好きになったものがある。
にんじん(キャロット)。
日本でも食べていたけど、フランスに来ると味が違う。

日本では普通のにんじんは「西洋にんじん」とかいって、本来西洋から入ったもの。
フランスで売ってるのを見ても、日本のスーパーに並んでるのと変わらない。
でも、味が違うのだ。

日本では他に「京にんじん」というのを実家のあたりでは、必ず正月に食べる(おせちに入る)。
この煮しめに使う京にんじんの方は、少し独特の甘味もあって、おいしいと思っていた。
でも、普通のにんじん(西洋にんじん)は、妙に青臭く土臭くて好きではないけど、カレーとかに入ってるとごまかされて食べていた、という感じ。

ところが、こちらのにんじんはほくほくとして、ちょっとかぼちゃみたい。
少し甘味もあって、妙な青臭さがぐっと少ない。
土の違いなのか、種類の違いなのか。
味の嗜好が変わったのかと思って、毎回日本に帰るたび試してみるけれど、日本のにんじんは味もにおいも違っていて、未だに嫌いである。
あの妙な青臭さ・土臭さはいったいなんなんだろう?

人づてに聞いた話だけれど、日本で自分で無農薬に育てたにんじんの味に近い、という。
もしそうなら、別に無農薬でなくても、フランスのにんじんの方が質がいい?
さすがフランスは農業の国というべきか。

ちなみに小さな子供を預かる保育園とかでは、毎日料理した野菜類がてんこもりだそうだ。
もちろん幼児には、よく煮たもの、ピュレ状になったものばかりだけれど。
こっちで育ったら、私ももっと野菜が好きになったかも?
・・・でも、やっぱりセロリは嫌いかなあ。

« フランスのGrippe A(グリップA)ーワクチンを打つようになったフランス | トップページ | チーズvsチーズ »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/46883778

この記事へのトラックバック一覧です: フランスのにんじんは好き:

« フランスのGrippe A(グリップA)ーワクチンを打つようになったフランス | トップページ | チーズvsチーズ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ