« ガムテープは強力 | トップページ | パリの甘いものを捜すには »

冬のチーズ、Mont d'Or(モンドール)

秋から春までのチーズに、Mont d'Or(モンドール)というのがある。
これはフランスのハードチーズで有名なコンテと同じ地方で作られる、牛乳のチーズ。

Fromages6

このモンドールはフランス産。
サイズはいろいろあって、非常に大きいのは切り売りで売られている。
これは一番小型のタイプ。

必ず木の枠に入れて作られるのだが、これのおかげで少しかおりが付いて、いい感じ。
常温では中がとろっとしておいしい。
また、アルミホイルに入れ物ごと包んで、オーブントースター(200度くらい)で30分ほど焼くと、とろっとろのフォンデュのようになる。
この時、切り目を入れてブランデーとかをかけておくと、より風味が出る。
けっこうはまる味で、またチーズ屋によって、熟成具合によって、味が違うので、楽しい。

モンドールと言うと、一般には山のフランス側で作られたもので、スイス側でも同じチーズが作られるけれどヴァシュランと付く事が多い。

フランス側ではlait cruつまり無殺菌ミルクを使用していて、スイス側では殺菌したものを使っているそうだ。
そのため、スイス側の方が濃くなることと、品質が均一になる(つまりハズレがない)。
フランス側の方がよく言えばより個性的になるが、当たり外れがあるとも言える。
スイスの殺菌タイプの方が保つ期間が短いそうで、フランスの方が長いそうだ。

売られている時期はフランス側の製品の方が長く、まずフランス産が出て、それからスイス産が入る。
「ああ、冬になったんだなあ」と、しみじみできる風物詩(?)の1つ。

ちなみに、スイス産のものの方がフランス産のものに比べて、濃縮しているせいか、値段がやや高めで、ちょっと高級、という扱いになっているらしい。

今年は大きなのを切り分けたタイプを含め、これで4回目。
フランス産はもちろん、スイス産も食べたし。
でも、まだまだ食べたい、かも(笑)

« ガムテープは強力 | トップページ | パリの甘いものを捜すには »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/46816828

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のチーズ、Mont d'Or(モンドール):

« ガムテープは強力 | トップページ | パリの甘いものを捜すには »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ