« 秋の終わりのパリ | トップページ | 略称大好きなフランス人 »

KAKI 柿

Kaki

ピンぼけだけど、「KAKI」。
こちらで「KAKI」の名で売っているのは、写真のような熟柿(じゅくし)。
日持ちしない上、壊れやすい果物が、よく商品として流通しているなと感心する。
普通にパックに入れるだけなので、気をつけて持って帰ってこないと潰れる^^;。
とにかく熟しきっているので、へたを取って、スプーンですくって食べる。
種はない。
甘くていいデザートになる。
以前ラボに1人これが大好きなフランス人がいて、毎日のように食べていた。
とはいえ、みかんやぶどうのように普遍的なフルーツではない。
出回るシーズンは短いフルーツ。


日本で普通に売られているタイプの柿は、「Sharon(シャロン)」として出回っている。
イスラエル産で、商品登録されているものらしい。
こちらも種が無い。
いつもフルーツを買う店では、こちらの方はあまり見かけない。

« 秋の終わりのパリ | トップページ | 略称大好きなフランス人 »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/46677767

この記事へのトラックバック一覧です: KAKI 柿:

« 秋の終わりのパリ | トップページ | 略称大好きなフランス人 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ