« フランスのGrippe A(グリップA:新型インフルエンザA型)-2 | トップページ | 日曜の昼は・・・ »

パリでカオソイ

最近、チェンマイ紀行を読んでいて、すごく気になったのが、「カオソイ」。
その記事は→コチラコチラ
日本でも食べられる店があるそうで、コチラに記事が載っている。

「カオソイ」とは、タイのココナッツミルクスープラーメン、ということで、いかにもおいしそう。
麺自身はフェトチーネタイプ、つまり、きしめんのもちもちした感じ、らしい。
最近ずっと食べていないラーメン類だが、ひさびさに食べてみたい。

今までタイ料理の店はパリで何度か入ったが、たいてい友達と青パパイアのサラダ、タイ風の串焼き、カレー類、魚の笹の包みの蒸し煮、みたいなものをシェアして、タイの餅米と一緒に食べることが多かった。
なので、麺類は頼む機会が少なく、頼んだとしてもシェアできるタイ風の焼きそばで、スープに入った麺類は食べたことが無い。
そのせいか、名前を聞いたこともないし、もちろん見たこともなかった。
実際、行ったレストランで置いているかどうかすらわからない。
日本語で検索したがパリでは情報ゼロ。
そこで「Khao-Soi」でサーチ。

そうすると、英語のWikiには「Khao-Soi」情報があった(コチラ)。
「ビルマの影響を受けた、タイ北部とラオスの北部の料理。特にチェンマイ(タイ)やルアンババーン(ラオス)。
ラオス北部では米の麺に切った豚肉、トマト、ミソ(?)、唐辛子、エシャロット、ガーリック、豚の皮(脂)を揚げたもの、もやし、切ったネギ、コリアンダー(パクチー)が入っているスープ。
タイ北部ではたまご麺で揚げた麺が入っており、キャベツの漬け物、ライム、エシャロット、nam prik pao(唐辛子の効いた調味料らしい)と肉が入った、ココナッツミルク入りカレー風味のスープ」
・・・ということである。

読む限り、ラオスのとタイのものでは、日本の各地の雑煮くらい違う食べ物のようだ。
とにかくスープに入ったラーメン風の食べ物、という感じ。
きっと国境を接した国同士、その辺りでは少しずつ違うカオソイがあるのだろうな。

上で紹介したblogでMizumizuさんの載せているのは、タイのチェンマイのものと東京のタイ料理ものなので、カレー風味でたまご麺のものらしい。

さて、フランス語でないかとサーチしたら、出てきた。
それも、フランスの冷凍食品専門店「Picard(ピカール)」の製品。
このピカール、素材から加工品までありとあらゆる冷凍食品を扱っており、しかも割と質もよく、値段も押さえてあって、フランス人に人気である。
中に、カイガイ料理のシリーズがあって、中近東の料理、中華、タイ、ベトナム、日本(Kawaiiスシとかある)などなど、種類も多い。
この中の「タイ料理」シリーズの中にあったのだ、「カオソイ」が。


前置きがだいぶん長くなったが、下の写真が買ってきたPicard製カオソイ。

Kaosoi1
値段は3.3ユーロ。
写真を見てわかるように、名前が「Kao Soi」と「h」が抜けている。
だが、これは元々アジアの言葉なので、どちらが正しいとも言えないのかもしれない。
そして、鶏肉と米の麺入りココナッツミルク入りカレー風味スープと書いてある。
タイ風はたまご麺らしいが、「カオ」とは米のことなので、米の麺にしたのかもしれない。
右に唐辛子マークがひとつ付いていて、これは「辛味」マーク。
最高3つまであるが、あくまでもフランス基準なので、マークひとつだと、わずかに辛味がある、一応唐辛子は入っている、程度。


Kaosoi2
中を出してみると、そのまま小さな器で電子レンジで暖めればいいだけ。
パッと見、上に何か揚げたものが乗っている。


さっそく調理してみる♪
Kaosoi3
スープはかなり濃厚そうで、カレーのスパイスのいい香りがする。


Kaosoi4
かきまわしてみると、トマト(赤いとこ)や青い葉っぱのようなものが出てきた。

さっそく食べてみると、麺はつるもちっとした米の平たい麺でおいしい。
スープはかなり濃厚でとろみがあり、ココナッツミルク入りカレーという感じ。
麺を食べた後、ごはんも放り込んで食べてもよさそう。

さて、上に乗っていた揚げ物は、たぶんエシャロットを揚げたものだと思う。
トマトはかなり生っぽい(レンジで少し煮えただけ)。
また、青いものは、一種のバジルのような気もするが、よくわからない。
他にエシャロットが粗いみじん切りでいっぱい入っている。
鶏肉もけっこう入っている。
ココナッツミルクがかなり濃いと思って見てみたら、26.8%も入っている。
これは濃いわけだ。
どろりとしてるのは、どうやらタピオカを使ってとろみを出しているらしい。
辛味はわずかにしか感じないが、スパイスはいい感じで利いていて、かなりイケるココナッツカレー。
つい全部飲んでしまったが、この濃厚スープでおそろしくお腹がいっぱいになった。
サイズは小さめだが、かなり濃い。
身体も温まるし、胃にもたまるし、冬に食べたい味・・・。

« フランスのGrippe A(グリップA:新型インフルエンザA型)-2 | トップページ | 日曜の昼は・・・ »

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/46131878

この記事へのトラックバック一覧です: パリでカオソイ:

« フランスのGrippe A(グリップA:新型インフルエンザA型)-2 | トップページ | 日曜の昼は・・・ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)

アミアン大聖堂

  • Amiens1
    2月のある土曜日。日帰りで突然アミアンに行った。 パリから1時間ちょっとで行けるけど、カテドラル以外はかなーりしょぼかった・・・。 アミアン独特のマカロンがあるのでおみやげに買う。素朴な甘さだった。

マラガ2007冬


  • 1月末にスペインはマラガに3泊4日でのんびりしてきた。 シーズンオフながら、十分満喫♪

ポーランド旅行

  • Beer2
    2006年7月13−16日、ワルシャワ1泊、クラクフ2泊。 ワルシャワは簡単に街の中を見てまわっただけですが、クラクフではけっこう観光しました。 ワルシャワからクラクフの移動は列車(IC)を使用。 ポーランドのことをほとんど知らなかったので、新鮮で楽しかった。

ピレネー&バルセロナ2006夏

  • クレマカタラーニャ
    2006年8月3−10日バルセロナにちょっと滞在した後、レンタカーにてピレネーに。アンドラに滞在しつつ、ドライブを楽しんだ。
無料ブログはココログ