« パリでカオソイ | トップページ | レストラン AOKI(アオキ) »

日曜の昼は・・・

Fromages2

天気のいい日曜日。
しかも、特に予定なし。
そんな時の昼食はこれ♪

一応写真のため、回りを片付けてみた(笑)。

ちなみにパリは先週あたりから10度気温が下がり、涼しくなった。
朝は15度を切っているため、半袖Tシャツで外に出ると寒い。
今、お昼でも19度というので、気持ちいい。
そのため、メロンやスイカな食事から脱出。
(でも、今年はホント果物がおいしかった)

写真上に見えるのは友達からもらったラベンダー。
いい香り。
チーズにシリアル入りパン(フルートという小さなバゲット)、それにシャンパーニュ。
とはいえ、開けたのは一週間以上前なので、かなり泡が弱々しく(笑)。
シリアルパンが茶色いのは、全粒粉に近い粉を使っているからで、こちらでは割とよく見る。
日本でいうと玄米に他の雑穀も合わせ炊いたもの(十穀米?)のパン版という感じ。

Fromages3

チーズはバカンスも終わった行きつけのチーズ屋アンドルーエで、いくつかちょこちょこ買い、盛り合わせ。
ただ、今日はとろっと柔らかいタイプのをあまり食べる気分ではなく、ハード系とほっくりしたタイプばかり。

パンのすぐ横の細長いのは、グリュイエール。
スイスの有名なハードタイプのチーズ。
ふだんはフランスの有名なハード、コンテを食べるのだが、今日は熟成の若いものしかなく、こちらにしてみた。
なかなかいいセレクションのものらしく、おいしい。
コンテと同じく、熟成が進んで、少しざりざりとした食感が特徴のハード。
少しナッツの味わい。
ちなみにフランスでは、比較的外れなくおいしいコンテに比べて、グリュイエールの方は料理用的なのからおいしいのまでまちまち。
今回は当たり。

その隣の扇形に切ったチーズの上の方は、「Selles sur Cher(セル・シュール・シェール)」というシェーブル(ヤギ乳のチーズ)。
外側が黒っぽい灰の色で、中は真っ白。
本来ほっくりした食感のヤギチーズなのだが、今日のは割と塩がきつかった。
うーむ、もうシーズン終わりかな?
それとも今年は暑かったから塩を多めにした?
ちとハズレで、料理用決定。

下の扇形の方は「Tome ancienne(トム・アンシアン)」と書いてあった。
アンシアンは「伝統的な、ムカシ風の」という意味。
「トム」という名前のチーズは至る場所にあり、大きさもさまざま。
原料の乳も牛・ヒツジ・ヤギ、どれでもありうるので、いったいどういうものだかは不明。
ネットで見てみると「ポーション」(ひとかたまり)という意味、らしい^^;
つまり、直訳すると「ムカシ風のひとかたまり」という名前のチーズ(ますますわけわからん)。
ただ、これはシェーブル(ヤギ乳)。
上にゴミが付いているように見えるが、ハーブ。
ちょっと熟成していて外はかなり乾燥した感じで真ん中だけが少し柔らかく、ミルキーな味わいにハーブが効いて、とてもおいしかった。
おやつとしてぱくぱく食べられる感じ。
今回のヒット。
ただ、この名前では捜せないので、同じ店になかったら見つけられない。

その下のハードタイプは、バスク地方(スペイン国境のピレネー北部)のブルビ(ヒツジ乳のチーズ)Ardi Gasna(アルディ・ガスナ)。
名前はバスク語らしい。
コクのあるミルキーでほんのりナッツの味わいもするチーズ。
割とおとなしめの味わい。

最後に右の上の方に少しあるのは、ロックフォール(カルル製)。
ロックフォールはブルビ(ヒツジ乳)見ての通り青カビチーズで、おいしいのもそうでないのも、塩がきつい。
なのでちょっとずつ。
ただ、青い部分はピリピリッとする独特の辛みがあり、これが慣れると病みつきになる。
コクがあって、口の中でちょっとバターみたいに溶ける。
食べ方としては、ハチミツと合わせるとおいしいし、または甘口のワインと合わせると最高。

ところで添えていあるチーズナイフだが、大きな固まりを切り分けるのに何度も使ってみたが、どうにも使いづらい。
普通の包丁タイプの方がよほどうまく切れる。
しょうがないので食べる時に、一口サイズに切りつつパンに付けたりするのに使っている。


さて、チーズも漬け物と一緒で、名前が同じでも味も塩加減も全然違って来る。
また、チーズ屋では仕入れてから熟成させるものもあるので、その状態でも味が変わって来る。
私はこのところ同じ店でばかり買っていて、専門店だけあってちゃんとセレクトし熟成させているが、それでも味がかなり変わる。
そのため、ある程度知識のあるチーズ屋で、いろいろ相談しつつ試してみて、自分の好みを見つけていった方がいいと思う。

食事をしながらラジオを聞いていたら、ちょうどモーツァルトの魔笛の有名な夜の女王のアリアがかかった。
この曲、映画とかでも効果的に使われていたりするので、オペラを見なくても知っている人も多いはず。
これがずいぶんよかったので、歌っているのが誰か知りたかったが、それがわからないのが残念。
デジタルで情報欲しい・・・。

さて、この後、食後にフルーツ。
今年はイチジクもとてもおいしい。

« パリでカオソイ | トップページ | レストラン AOKI(アオキ) »

パリの日々」カテゴリの記事

パリの日々ー食べ物系」カテゴリの記事

コメント

涙が出るほどそのチーズ食べたいぁぃぃぃ。

>Aさん、
チーズはこっちは種類多くて、店も多くて、いいですよ〜。
特にくさいやつ・・・(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148520/46139992

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜の昼は・・・:

« パリでカオソイ | トップページ | レストラン AOKI(アオキ) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

blog parts

  • Powered by Yahoo! JAPAN

    • ウェブ全体を検索

    • このサイト内を検索
  • meteo
  • whos-among-us (past 24 hours)
無料ブログはココログ